【2024年最新版】初めての台湾・台北旅行におすすめの超定番観光スポット

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

台湾
スポンサーリンク

ようやく海外に行ける状況になってきましたね!😄 ただ、円安の影響もあって予算を抑えられる近場の海外を検討したいと思う方も多いはず。そんなみなさんには台湾が超おすすめですよ!😃

日本からたったの3時間30分で行ける親日国台湾。LCC(格安航空会社)がたくさん飛んでいて、週末だけの海外旅行もしやすい距離と費用感が嬉しい国です✈️

台湾といえば、ほとんどの方が最初に行くのが最大都市台北。この記事では初台湾・台北の人におすすめの超定番観光スポットを一挙ご紹介します(目安:1泊2日/2泊3日または週末台湾など、ちょっと台湾に行ってみようかな、と思っている方にピッタリなスポット)。

最新の台湾入国関連情報はこちらもチェック✏️

スポンサーリンク

台北市内

おすすめ観光スポット(1) 台北101 たいぺいいちまるいち

まずは台北観光の中心にあるといっても過言ではない台北101(読み:たいぺいいちまるいち)。東京でいう東京タワーや東京スカイツリーのような存在で、台北市内にいると遠く離れていてもビルの隙間から見えたりするアイコニック的存在。高さ508mと超巨大なビルの中には商業施設やオフィスがあります。観光客には89階、91階(屋外)にある展望台からの台北の絶景がおすすめ。おすすめの時間は、晴れた日の午前中(空気が澄んでいる)または晴れた日の夕方(夕焼け)です。

台北101のチケットをお得に購入するならKKdayがおすすめ(詳しくはこちら)

台北101は写真スポットとしても有名で、カメラ好きの方はベストスポットを探して台北中を歩き回っています。日中と夜景で異なる表情を見せる台北101の写真撮影スポットまとめはこちらからどうぞ。

台北101へのアクセス
地下鉄淡水信義線(赤色)台北101/世貿駅すぐ

おすすめ観光スポット(2) 龍山寺 りゅうざんじ

台北観光に欠かせないのが台湾のお寺である廟宇(中国語拼音:miào yǔ、日本語読み:ミャオ ユー)巡り。その代表格としてガイドブックなどで必ず紹介されるのが龍山寺(中国語拼音:lóng shān sì、日本語読み:ロン シャン スー、または りゅうざんじ)です。台北駅から地下鉄で2駅の距離ということもあり、初めての観光にはとても組み込みやすいスポットでもあります。

台湾独特のお参りの仕方もここであれば簡単に体験することが可能ですよ!また、龍山寺駅周辺にはマッサージのお店や日本語OKの占いもあり、観光客で常に賑わっています。

龍山寺へのアクセス
地下鉄板南線(青色)龍山寺駅から徒歩1分

おすすめ観光スポット(3) 国立故宮博物院 こきゅうはくぶついん

世界4大博物館の一つとも言われる台湾の故宮博物院(中国語拼音:gù gōng bó wù yuàn、日本語読み:グー ゴン ボー ウー グアン または、こきゅうはくぶついん)には歴史を感じる様々な展示品が約70万点も展示してあります。とにかく広い博物院を全て回るのは観光客には難しいかもしれませんが、やはり一番有名な展示品「翠玉白菜」(中国語拼音:cuì yù bái cài、日本語読み:ツェイ ユー バイ ツァイ または、すいぎょくはくさい)と「肉形石」(中国語拼音:ròu xíng shí、日本語読み:ロウ シン シー または、にくがたせき)は一見の価値ありです。

(注意)「翠玉白菜」と「肉形石」は基本的にどちらか1つが台北の故宮博物院に展示してあります。台湾にはもう1つ、南の嘉義に故宮博物南部院があり、そちらと交互に展示するようになっています。事前に公式サイトで展示スケジュールを確認しましょう。

外国籍旅行者限定で台北101展望台と国立故宮博物院入場チケットが14%OFFになるのはKKdayだけ(詳しくはこちら)

国立故宮博物院へのアクセス
地下鉄淡水信義線(赤色)士林駅からバスで15分
士林駅を出ると、国立故宮博物院方面へのバス停がわかるように掲示されています。

おすすめ観光スポット(4) 中正紀念堂 ちゅうせいきねんどう

台北市内の中心部の広大な土地に佇む白い建物は中正紀念堂(中国語拼音:、日本語読み:ジョン ジェン ジー ニエン タン、ちゅうせいきねんどう)と呼ばれる初代台湾総統の功績を讃えるための建物。初代総統である蒋介石(Chiang Kai-shek)の名から、英語名は「Chiang Kai-shek Memorial Hall」となっています。

中でも観光客に人気なのは、毎日9〜17時に1時間ごとに行われる衛兵交代式。一糸乱れぬ迫力ある動きに圧倒されること間違いなしです。

中正紀念堂へのアクセス
地下鉄淡水信義線(赤色)または地下鉄松山新店線(緑色)中正紀念堂駅すぐ

おすすめ観光スポット(5) 士林夜市 シーリンイエシー

台湾といえば夜市であり、夜市に行けばローカルの暮らしがわかります。台湾には至る所に夜市が形成され、老若男女問わず食事や遊びを楽しんでいるのですが、観光客にとって最も有名なのはやはり士林夜市(中国語拼音:shì lín yè shì、日本語読み:シー リン イエ シー または、しりんよいち)です。広大なエリアに造られた出店の数々は他を圧倒します。台湾名物の美味しい食べ物を買うも良し、射的や麻雀牌を並べる台湾ならではのゲームで遊ぶも良し、楽しい時間が待っています😄

士林夜市へのアクセス
地下鉄淡水信義線(赤色)剣潭駅すぐ(メインエリアは剣潭駅の方がアクセスが良い)
士林駅は少しだけ遠いので注意

台北市郊外

旅行ガイドブックなどでは一括りに「台北」と書かれることがほとんどですが、実態としてはお隣「新北」市に位置している観光スポットが台北観光には含まれています。どこも台北から日帰りで行けるレベルなのでご安心を😃

おすすめ観光スポット(6) 九份 キュウフン

台北市内からバスで1時間〜1時間30分ほどで行くことができる九份(中国語拼音:jiǔ fèn、日本語読み:ジョウ フェン または、きゅうふん)は、千と千尋の神隠しの舞台となったと言われることもある超有名観光地。日本からの多くのツアーに組み込まれるだけでなく、現地発のツアーも数多く設定され、簡単に行くことができるよう整備されています。

雨の街とも呼ばれる九份は、1年で330日雨とも言われる山間部に位置しており、中々晴れることがないのですが、却って旅情を感じることができる雨が似合う街でもあります。

晴れれば遠く透き通った景色一緒に堪能することもできますし、夜は九份らしいライトアップされた進歩的な空間を楽しむことができます。また、有名なお茶屋「阿妹茶樓」をはじめ、数多くのお店が観光をさらに盛り上げてくれること間違いなしです。

九份はバスで片道1時間30分ほどかかるため、台湾初心者、中国語学習者でない場合は少し大変な場合があります。そのため、日本人向けツアーがたくさん運行しています。利用者が多いため1人当たりの金額は比較的抑えられており、安心して九份まで行くのにオススメです。

九份へのアクセス
台北駅から台湾鉄道で瑞芳駅まで約50分、そこからタクシーで15分
地下鉄板南線または地下鉄文湖線 忠孝復興駅からバスで1時間半

おすすめ観光スポット(7) 十分 ジュウフン

十分(中国語拼音:shí fēn、日本語読み:シー フェン または、じゅうふん)は台湾観光ガイドブックでよく見るランタン上げができるスポット。九份と同じ新北市に位置しており、台北駅から1時間20分ほどの距離です。九份と異なり山の奥深くではないので、晴れることも多いですが、午後は雨雲にかかってしまうこともしばしば。

正確には十分老街という出店が集まったエリアでランタンを上げるのですが、ここは台湾の鉄道 平溪線が実際に走っている場所。時間帯によっては電車が目の前を通過する瞬間を見ることも可能です(1時間に1本程度)。

願い事をランタンに書いて台湾の空に飛ばしてみましょう😃

十分へのアクセス
台湾鉄道で台北駅から約1時間20分、十分駅下車すぐ

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
台湾特集
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ