【ロケ地】B’z 稲葉浩志「シアン」の横須賀ロケ地20ヶ所の行き方を写真で解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

神奈川
スポンサーリンク

2023年5月29日に発売するB’z 稲葉浩志さんの初の作品集「シアン」のために、約5,000枚を超える写真を撮影したという今回のロケ。最新のプリンティングファクトリーや街中・離島の自然での撮影写真を使用しているそうです。

そんな作品集「シアン」の発売に先駆け、2022年12月26日から小出しで「シアン」Launch TrailerがYoutubeにアップされています。

これまでに4つのLaunch Trailerが公開されており、それぞれの主なロケ地は以下になります。

#公開日ロケ地(映像内で出てくる順)
Launch Trailer 12022年12月26日プリンティングファクトリー
横須賀・三笠公園
横須賀・猿島
横須賀・どぶ板通り
角川武蔵野ミュージアム・本棚劇場
Launch Trailer 22023年1月16日プリンティングファクトリー
Launch Trailer 32023年1月30日角川武蔵野ミュージアム・本棚劇場
Launch Trailer 42023年2月13日横須賀・猿島
横須賀・どぶ板通り
角川武蔵野ミュージアム・本棚劇場
横須賀・三笠公園

この記事では横須賀での撮影に使われたどぶ板通り・三笠公園・猿島のロケ地をご紹介します。

スポンサーリンク

横須賀のロケ地の場所と行き方

どぶ板通り

神奈川県横須賀市にあるどぶ板通りは、観光客で賑わうストリート。名物のよこすか海軍カレーやネイビーハンバーガーの人気店はほとんどがこのストリートにあります。

JR横須賀線横須賀駅から徒歩約20分
京急本線汐入駅から徒歩約5分

どぶ板通りロケ地① 大将ミシンししゅう店

最初は稲葉さんが「178」と書かれたワッペンを持っているシーンを撮影した横須賀最古の刺繍店、大将ミシンししゅう店。JR横須賀駅側から行くと、どぶ板通りの最初に出てくる赤い看板が目印のお店。今回のロケのために特注で178ワッペンを作ったようです。残念ながら全く同じものは作成いただけないようですが、稲葉浩志作品展「シアン」の映像を見るとワッペンは中心が「178」、周りが「YOKOSUKA JAPAN COURAGE PERSISTANCE」となっていました(Youtubeの映像でははっきり見えなかったのですが、作品展の別映像では鮮明に映してくれていました)。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer
画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:51-0:54、1:02-1:06

どぶ板通りロケ地② ローズ商会

大将ミシンししゅう店から少し通りを進むと向かって左側に見えるのがローズ商会。黄色い看板が目印です。稲葉さんがローズ商会の前を通り抜けるシーンがありますが、後ろのショーケースと奥のマネキンが特徴です。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #04 0:42-0:45

どぶ板通りロケ地③ 路地裏1

どぶ板通りをさらに進むと、向かって右側に小さな路地が出てきます。曲がるとすぐに木製の特徴的な壁が見えるので撮影地だと気づくと思います。奥にあるゴミネットと「太田家具第二売場」の看板が特徴。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer
画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer
画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:55-0:58、Launch Trailer #04 0:46-0:49

どぶ板通りロケ地④ 路地裏2

先ほどの路地を進み「太田家具第二売場」の看板を左折したところ通り。どぶ板通りの1本奥にあたる細い道。住宅街なので周辺に配慮を。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer
画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:55-1:01

どぶ板通りロケ地⑤ TSUNAMI BOX

どぶ板通りに戻ってさらに先に進むとすぐに向かって左手に見える横須賀名物ネイビーバーガーの名店TSUNAMIの2号店。下記の映像のアングルは、TSUNAMI BOXを少し過ぎて、来た道を振り返り撮影したアングル(JR横須賀駅方面)。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:55-0:58

どぶ板通りロケ地⑥ TSUNAMI

どぶ板通りの終盤にあるネイビーバーガーの名店TSUNAMI。上で紹介した店舗の1号店。外観がおしゃれで特徴的なのですぐにわかります。超が付くほど人気店で、土曜日に訪問しましたが339分待ちでした(え?)。このお店は土日しか空いていなく、平日は2号店のみの営業です。

外のベンチは土日は人でごった返してしまい、稲葉さんが座っているような撮影は至難の業です。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

このお店は2階もあり、稲葉さんが登っている階段は建物の中のものです(下記)。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 1:02-1:06

三笠公園

どぶ板通りを抜けてさらに10分ほど海沿いを歩くと到着する公園。記念艦みかさの展示があり、1900年代の歴史的戦艦の中を見ることができます。

JR横須賀線横須賀駅から徒歩30分。または横須賀中央・三笠循環バスで10分、「三笠公園」下車すぐ
京浜急行横須賀中央駅から徒歩15分

三笠公園ロケ地① 野外ステージ

三笠公園内に野外ステージが設けらており、そちらのステージ上で稲葉さんが撮影を行なっています。平日は比較的ステージ上に上がることができますが、土日はイベントがある場合が多く、ステージには上がれないかもしれません。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer
画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer
画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:50-0:54、Launch Trailer #04 1:15-1:16

猿島

猿島は横須賀からフェリーで約10分で着く天然の島で、東京湾に現存する唯一の天然島です。島の中には大昔に使用された要塞跡が残っており、これらを使って撮影が行われました。

ロケは島中で行われていますが、撮影ポイントは一目ではわからないケースが多く、行ったり来たりで時間ロスになってしまいました。実際にロケ地をめぐる際には、このブログの掲載順に回るともれなく全て回れると思います。

<フェリーターミナルまで>
JR横須賀線横須賀駅から徒歩30分。または横須賀中央・三笠循環バスで10分、「三笠公園」下車すぐ
京浜急行横須賀中央駅から徒歩15分

<猿島フェリー>
猿島渡船乗船場から10分(通常は1時間に1本、GWなどの繁忙期は15-30分に1本と増便される)
猿島フェリー時刻表はこちら
大人:2,000円、中学生1,750円、小学生1,000円(往復フェリー代+猿島入場料)

猿島ロケ地① 三笠桟橋

横須賀の三笠公園横にある猿島フェリー乗船所でのシーン。稲葉さんが乗ったのは「SEA FRIEND 8」という船で、土日を中心に利用者が多い時に運行する船。平日は別の船「SEA FRIEND ZERO」や「SEA FRIEND 1」での運行。土日でも繁忙期は2つの船で行ったり来たりするので、時間によって「SEA FRIEND 8」に乗れないこともあります。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:33

猿島ロケ地② 猿島フェリー船上デッキ

「SEA FRIEND 8」の船上デッキ(1階)の進行方向右側で撮影(と思われる)。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer
画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:35

猿島ロケ地③ 猿島フェリー船内1階客室

「SEA FRIEND 8」の船内1階客室の進行方向向かって右側のソファー。撮影時は、先頭にある2人掛けソファーに座り、左側にあるガラス壁を入れるように撮影すると、同じアングルになります。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:37

猿島ロケ地④ 猿島フェリー船内客室非常口付近

猿島到着時に撮影された1枚。「SEA FRIEND 8」の進行方向に向かって右側前方にあるEXITマークが目印です。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:37

猿島ロケ地⑤ 猿島桟橋

猿島到着後、桟橋を渡って島内へと入っていきますが、その途中の場所で撮影された1枚。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:37

ここからは猿島の中を巡っていきます。小さな無人島とはいっても結構歩きますので、行ったり来たりして時間と体力ロスにならないように掲載順に訪問することをお勧めします。なお、猿島フェリーの最終は17:00発なので計画的に。

画像出典:東京湾海堡ツーリズム機構のマップに筆者が撮影地を追加 https://www.tryangle-web.com/wp-content/themes/tryangle/assets/download/sarushima_map.pdf

猿島ロケ地⑥ 兵舎

猿島は基本的に1本のメインとなる道を通る作りになっています(一部分岐あり)。島に到着したら、レストランなどがあるエリアを通過し、カーブの坂道を抜けると最初のスポット「兵舎」が見えてきます。ここは、猿島のイメージ写真でよく使われる定番スポットでもあります。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:40

猿島ロケ地⑦ 切通し

映像の中で稲葉さんのポートレート写真がPC上に映し出されるシーン。道にある木の枠が見えると思いますが、これが切通しという観光スポットの近くにあります(見ればすぐにわかります)。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #04 0:30-0:31

猿島ロケ地⑧ レンガ造りのトンネル

さらに先に進むと、長いトンネルが見えてきます。進行方向左側にライトが点灯している箇所があり、その少し手前から撮影しています。トンネルは前半が平坦な道、後半が下り坂になるのですが、撮影場所は平坦な場所です。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #04 0:03-0:08

猿島ロケ地⑨ レンガと石の壁

レンガ造りのトンネルを抜けると、3つのトンネルが交差するちょっとした空間に出ます。そこの空間の中に1ヶ所だけレンガと石の壁が交わるところがあり、稲葉さんはそこで撮影をしています。この場所は観光客がよく撮影している場所なので、すぐにわかると思います。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #04 1:23-1:26

猿島ロケ地10 小さなトンネル

この場所には名前がないので分かりづらいのですが、上で記載した3つのトンネルが合流するエリアで、レンガと石の壁側にあるトンネルがこの撮影地。トンネル内からレンガと石の壁側を見ると、同じアングルになります。写真もよく見ると稲葉さんの奥にレンガと石の壁が見えますね。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #04 1:18-1:22

猿島ロケ地11 広場のベンチ

猿島の一番奥にある広場(地図の左上)は浦賀水道方面を見ることができる開けた場所。ここにテーブルとベンチがあるのですが、一番奥のベンチに稲葉さんは腰掛けていました。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:42

猿島ロケ地12 広場の奥

広場のテーブルとベンチの奥の木製の柵のところで稲葉さんが立って撮影をしています。

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:47

猿島ロケ地13 砲台跡

画像出典:稲葉浩志シアン Launch Trailer

映像シーン Launch Trailer #01 0:38-0:39

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
神奈川
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ