【写真付き】ハレクラニ沖縄 AOMI 青碧蒼の会席コースを堪能してきた!

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

レストラン
スポンサーリンク

沖縄の恩納村にあるハレクラニ沖縄には4つのレストランがあります。そのうちの唯一和食を専門にしているのがこの日本料理AOMI 青碧蒼です。

このAOMI 青碧蒼は、とにかく絶品の和食をいただくことができるレストランで、以下の3つのコースが提供されています。

日本料理 AOMI 青碧蒼のディナーコース
寿司 23,000円
会席 18,000円
しゃぶしゃぶ 18,000円

会席としゃぶしゃぶはテーブル席での提供ですが、お寿司についてはカウンターでの提供となっており、8席しかない狭き門となっています。なお、アラカルトの提供はありません。

今回は会席料理を楽しむことができたので、そのときの様子をお届けします。別日にお寿司コースをいただいた際のまとめはこちらからどうぞ!

ハレクラニ沖縄の宿泊体験記はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

日本料理 AOMI 青碧蒼 基本情報

レストラン名日本料理 AOMI 青碧蒼
住所〒904-0401 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真1967-1
電話番号098-953-9530 (レストラン問い合わせ)
予約受付時間:10:00-18:00
アクセス那覇空港から車で75分
または、空港リムジンバスで100分
座席数36席(個室8席、寿司カウンター8席)
営業時間朝食 7:00-11:00
夕食 17:00-22:00 (ラストオーダー20:00)

日本料理 AOMI 青碧蒼の場所

ハレクラニ沖縄のレストラン日本料理 AOMI 青碧蒼は、サンセットウイングの5階に位置しています。サンセットウイングに宿泊の場合は、5階のロビーから向かって右側に進み、通路を抜けていくとレストランを確認することができます。ビーチフロントウイングに宿泊の場合はカートで移動(1-2分の距離)、または建物内を移動して向かうこともできます(5分程度)。

日本料理 AOMI 青碧蒼の特徴

ハレクラニ沖縄に宿泊する際にすごく迷うことの1つとして、夕食レストランをどこにするかという話があります。ハレクラニファンの間では有名な話ですが、ハレクラニ沖縄には4つのレストランがあるとはいえ、客室数360に対してレストランの座席数は圧倒的に足りていないと言われています。

また、ホテル近隣には数軒のレストランがあるとはいえ、こちらも周辺ホテルの客でごった返しており、お酒を飲む場合の運転の問題を考えると、ホテル予約と同時にレストランも予約がおすすめ

AOMI 青碧蒼のディナーは、最低18,000円/人のコースからしか提供がないハイグレードのレストランです。ただし、座席が36席しかない(しかも8席は個室)ことを考えるとかなりの激戦が予想されます。しかもお寿司は寿司カウンターでいただくので8席しかありません。

日本料理 AOMI 青碧蒼は、全体的に落ち着いた雰囲気のレストランで、小さなお子様にはあまり向かないかもしれませんが、規定上は12歳以下のお子様は20時までは食事を楽しむことができるようです。また、寿司カウンターは時間帯に関係なく12歳以上でないと不可となっています。

日本料理 AOMI 青碧蒼の予約方法

これは、日本料理 AOMI 青碧蒼に限らず、全ての夕食レストランに共通することですが、3ヶ月前から予約をすることが可能になっています。宿の予約をそれ以上前に行う場合は、3ヶ月前に忘れずにレストラン予約をするようにしましょう。

予約サイトはハレクラニ沖縄の公式サイト内にありますので、そこから利用希望日・時間帯のほか、メニューや伝達事項を入力して予約しましょう。もちろん、電話での予約も対応していますよ!

日本料理 AOMI 青碧蒼の座席と雰囲気

サンセットウイングの5階ロビーを正面に、右奥を進んでいき、長い通路を通っていくと日本料理 AOMI 青碧蒼に到着します。

日本料理 AOMI 青碧蒼の座席空間は、大きく通常の座席と寿司カウンターから構成されており、奥には個室があります。

ハレクラニ沖縄公式WEBサイトから引用

今回は、その中でもテーブル席を利用しました。会席コースを注文した人はテーブル席でのお食事となります。

座席に着くと、高級な料亭に来たかのような洗練された空間に一気に引き込まれます。

夕食メニュー

日本料理 AOMI 青碧蒼の夕食は、お寿司、会席、しゃぶしゃぶの3つの提供があり、今回予約した会席コースは以下のようなメニューになっていました。

日本料理 AOMI 青碧蒼の会席コース
ずわい蟹 きゃびあ 蟹みそ 豆腐よう
白子 湯葉 蕪 みぞれ仕立て
海鮮 3種盛り
やりいか おこわ
ねぎま 中とろ 九条葱
沖縄県産黒毛和牛 朴葉みそ
伊是名島産もずく 水蛸 とんぶり
生うに とりゅふ
玉子 牛乳 丸十 黒豆

実際にどのように提供されたのかは以下から写真と共にご紹介しますね😄

会席コース

最初にアレルギーや苦手なものがないか確認されますのでスタッフに伝えましょう。対応できる場合は、別の食材に変えていただいたり、該当のものを抜いていただけました。

まず最初はジーマミー豆腐。ジーマミー豆腐は、落花生を使用した沖縄県や鹿児島県の郷土料理です。上にはキャビアが😄 メニューには豆腐ようという沖縄の島豆腐を泡盛などで漬け込んだものが記載されているのですが、私は苦手なものが含まれていたのでこちらに変更していただきました。

続いては白子 湯葉 蕪のみぞれ仕立て

海鮮3種盛り。氷で包まれた、見た目も楽しめる一品。

やりいかのおこわは一口サイズで。

中とろと九条葱のお鍋。最初に見た時はお肉かと思いましたが、お魚のお鍋にネギと醤油系のスープがとっても美味しかったです。

沖縄県産黒毛和牛と朴葉みそ。「ほおばみそ」というのは、岐阜県飛騨高山の郷土料理だそうです。

伊是名島産もずくに水蛸ととんぶり。伊是名島のもずくは超有名で、沖縄の良いレストランに行くと良く目にします。とんぶりというものを知らなかったのですが、畑のキャビアと呼ばれているそうですね。後で調べたところ、秋田県でしか作っていないとか。

ご飯には生うにととりゅふを。と言いたいところですが、私は雲丹が得意ではないので(贅沢な悩み)、トリュフのみのおこわをお願いしました。写真用にこのようにスタッフが釜を持ってきてくださりました。

お味噌汁と合わせていただきました。

デザートには玉子、牛乳、丸十と黒豆が入っていました。丸十はサツマイモのことですね。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
レストラン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ
タイトルとURLをコピーしました