【2/20更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【訪問記】リッツカールトン東京、日本料理ひのきざかのお寿司ランチに行ってきました

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

レストラン
スポンサーリンク

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)傘下ホテルの中でも都内屈指の高級ホテルであるリッツカールトン東京。その中にあるレストランの中で唯一日本料理を提供している「ひのきざか」でも予約が取りづらいと言われるお寿司コースを頂いてきました。

この記事では、リッツカールトン東京のレストランである日本料理ひのきざかでいただけるランチコース「浜」の料理の内容とお得に予約できる方法をご紹介します。

<お得なコース設定あり>日本料理ひのきざか|リッツカールトン東京 – 一休レストラン予約

スポンサーリンク

リッツカールトン東京内でのひのきざかの位置付け

リッツカールトン東京には以下のレストランがあります。ホテル内で唯一日本料理を専門とするレストランであり、45階のロビー階に位置しています。

リッツカールトン東京 レストラン一覧

ひのきざかでいただける料理

日本料理ひのきざかは、特定の産地にこだわらず、その時期に最高のものを全国各地から仕入れ、年間を通じて季節に合わせた最上の日本料理を提供しています。

日本料理ひのきざかでは、和食を代表する会席、寿司、天麩羅、鉄板焼の4つを提供しており、レストランの中にはそれぞれ専用のエリアが設けられています

会席16席テーブル
寿司8席カウンター
天麩羅6席カウンター
鉄板焼10席カウンター

寿司、天麩羅、鉄板焼は基本的にカウンターの案内のみのようですが、内容によってテーブルの場合もあるかもしれません。事前に電話で問い合わせることをお勧めします。有料ですが個室の用意もあります(ランチ利用22,000円、ディナー利用33,000円)

<お得なコース設定あり>日本料理ひのきざか|リッツカールトン東京 – 一休レストラン予約

ひのきざか基本情報

レストラン名日本料理 ひのきざか
住所東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
ザ・リッツ・カールトン東京45階
アクセス東京メトロ日比谷線 六本木駅
都営大江戸線 六本木駅
8番出口直結
営業時間ランチ :11:30~16:00 (L.O. 14:30)
ディナー :17:30~22:30 (L.O. 21:00)
*天麩羅は月火定休
レストラン予約電話:03-6434-8711
一休:ひのきざか

ひのきざか お寿司ランチコース「浜」

ひのきざかまでのアクセス

リッツカールトン東京の最寄駅である東京メトロ日比谷線 六本木駅または都営大江戸線 六本木駅 8番出口を出ると、東京ミッドタウンの地下街に出ます。誘導サインに従うと、以下のエスカレーターがあります。

エスカレーターで地上階(外)に出ると、以下のリッツカールトン東京入り口が見えてきます。そのままホテル内通路を進み、エレベーターで45階のロビー階まで上がります。

ロビー階に入り、向かって左奥に日本料理ひのきざかはあります。

入り口付近にはメニューが置かれていますが、私たちが予約していたお寿司コースの記載はありませんでした。もしかすると、予約しないといけないメニューは記載がないのかもしれません(このレストランは当日空席があれば飛び込みも可能)。

この日は営業開始の11:30に予約をしていたのですが、予約時間ぴったりにオープンとなり、整列順に店内に案内されますので、着席まで少し時間がかかりました。

ひのきざか店内の様子

店内に入るとまず目を引くのがこちら。綺麗な石の上を水が流れていた、、、と言いたいところですが、こちらはなんと石の上に水面を描いている作品なんだそうです。

お寿司は専用のカウンターでいただきます。店内奥、窓側に寿司カウンターがあります(天ぷらや鉄板焼きカウンターは別で、窓側ではないです)。目の前で握ってくれる高級寿司、いよいよですね!

寿司カウンターはリニューアルした際に江戸切子をふんだんに使ったデザインを取り入れたそう。12個のライトが天井からぶら下がっているのですが、デザインが異なるものがあるそうで、完成されていない不完全な美を表現しているのだとか。

ランチコース「浜」

コースが始まる前にお箸を選びます。長さが異なるお箸で、手前の茶色いほうが長くなっています。

箸置きもガラスでできています。

カウンターはこんな感じです。高級カウンター寿司の始まりです!

最初に飲み物を注文します。飲み物は結構高くて(リッツカールトン内のレストランですから当たり前ですが)、たとえばサッポロの小瓶ビールで2,000円(税サ込)です。飲み物メニューをパラパラとめくってましたが、幻の日本酒十四代も。ボトル70万円もするという、、、そっと閉じました><

この日の食事は以下のようなメニューでした。

寿司コース「浜」メニュー
先附:茄子の揚げ浸し
冷物:冷製茶碗蒸し(順才、白身、椎茸、銀杏)
寿司:白身、赤身、とろ、海老、いくら、光物 貝類 穴子、お薦め一種、玉子、細巻き一本
椀:生海苔の味噌汁
デザート:アイス最中

まず最初はナスの揚げ浸し。夏にぴったりの冷たいナスは、ビールにぴったりの先附でした。

続いては茶碗蒸し。夏は冷製茶碗蒸しを出すようにしているのだとか。とっても素敵な食器です。

中には順才、白身、椎茸、銀杏が入っていました。

そしていよいよメインのお寿司の登場です。一つ一つ、目の前で握っていただけます。こちらの付け台はガラスでできているんです。

最初はイカ。柚子の香りがいい感じに効いていました。

こはだは臭みが全くなく美味です。味付けしてあるのでそのままいただきました。

こちらのホタテは中に梅肉が入っているとか。

握り3貫いただいたところで、ミニいくら丼を。もちろん美味しいですが、絵にもなる一品。

白身ははたを梅塩ポン酢でいただきました。

赤身は漬けまぐろ。とーーっても美味しかったです。

甘エビの握りは今までに見たことがないような一品。これまで食べた甘エビで一番美味しかったですね。

そして中トロ。とろけるようなトロは、普通のお店でいう大トロクラスの印象。

アナゴは塩とタレの2貫。

巻物は鉄火巻きとかんぴょう巻き。

全9貫+丼もの1つ+巻物で大満足のお寿司でした。〆には赤だしを。

さらには厚焼き玉子もいただきました。

最後にデザートの最中とメロンを。この日は記念日での利用でしたので、ちょっと豪華な盛り付けにしていただきました。

ひのきざか寿司「浜」お得な予約方法

この日いただいたお寿司ランチコース「浜」は11,500円/人で2名で23,000円(税サ込)でした。レストラン予約サイト一休では、時期によって割引価格でランチコースがいただけます。まずは下記のリンクから最新の価格をチェックしてみてください!割引がない場合も2%のポイントがつき、即時利用可能なので、2名利用であれば23,000 – 460 =22,540円とお得に利用可能です。

<お得なコース設定あり>日本料理ひのきざか|リッツカールトン東京 – 一休レストラン予約

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
レストラン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ