【2024年更新】ハレクラニ沖縄 エグゼクティブオーシャンフロントスイートをブログレビュー解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

ホテル
スポンサーリンク

沖縄県の西海岸、恩納村の北部に位置するハレクラニ沖縄。100年以上の歴史を持つ本家ハワイのハレクラニが日本に上陸して以来、常に沖縄の人気ホテルのトップを走り続けているハレクラニ沖縄の中でも、アッパークラスのスイートルーム、エグゼクティブオーシャンフロントスイート(Executive Ocean Front Suite)に2泊してきたので、詳細をまとめていきます。

過去にサンセットウイング・プレミアオーシャンフロントに宿泊した際の体験記はこちらからどうぞ!

一休でハレクラニ沖縄の最安値をカレンダーで簡単検索

スポンサーリンク

ハレクラニ沖縄とは

本家はハワイにあるハレクラニ。ハワイのワイキキビーチの目の前で100年以上営業する名ホテルです。ハワイの言葉で「天国にふさわしい館」を意味する「ハレクラニ」は、これまでも多くの人を魅了し、その名を聞くだけでリゾートホテルのトップブランドと認識できるほどのネーミングバリューをもっています。

2019年7月に沖縄で開業と比較的新しいホテルで、全室オーシャンビューという好立地。360室ある客室は全室50平米以上と広々設計で、スタンダードタイプからスイート、そしてヴィラタイプまで、様々な特徴を持ったお部屋があります。

ホテル名ハレクラニ沖縄
住所〒904-0401 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真1967-1
電話番号098-953-8600
アクセス那覇空港から車で75分
または、空港リムジンバスで100分
客室数360室
開業日2019年7月26日

入口と外観

国道58号線からハレクラニ沖縄の敷地に入ると、最初に守衛さんから予約時の名前を聞かれ、向かう先を伝えられます。ハレクラニ沖縄は大きく分けて3つの棟(ビーチフロントウイング、サンセットウイング、ヴィラ)があり、サンセットウイングとヴィラについてはメインゲート通過後に左折するため、最初から向かう先が異なるということになります。

サンセットウイング正面にあるハレクラニ沖縄のマーク。ここで写真撮影する人が多い

今回2泊したエグゼクティブオーシャンフロントスイート(Executive Ocean Front Suite)は、地図上の左側、サンセットウイングに位置しているスイートルームです。ハレクラニ沖縄は、沖縄本島の西海岸に突き出た岬に位置しているのですが、サンセットはサンセットウイングでしか見ることができません。今回宿泊したエグゼクティブオーシャンフロントスイートは、このサンセットウイングに位置しているスイート客室のため、全室サンセットを拝むことが可能なんです😃

ハレクラニ公式WEBサイトより引用

車はキーをスタッフにお渡しし、駐車場へ運んでいただきました。スーツケースなどの手荷物は先にスタッフに預けておき、チェックイン手続き後に一緒にお部屋まで運んでいただきました。

チェックイン箇所に入ると、まず目の前に飛び込んでくるのが目の前に大きく広がる海!ハレクラニ沖縄に泊まってよかった(まだ泊まる前ですが)と思わせてくれる素敵な空間です。

チェックインはソファーに腰掛けながら行いました。ウェルカムドリンクいただきながら、落ち着いた空間を楽しむことができます。

この日は先に一人でチェックイン。ウェルカムドリンクはチェックイン時、人数分いただけるのでご心配なく。

コロナ禍ですっかり定番になった除菌スプレー。以前は円柱形のよくあるスプレーでしたが、今回はカードケース型のスタイリッシュなものに変わっていました。

いよいよ宿泊するエグゼクティブオーシャンフロントスイートに移動します。

サンセットウイング・エグゼクティブオーシャンフロントスイート(ツインベッド、76平米)

今回宿泊したのは8階角部屋です。サンセットウイングは8階建なので、最上階の素晴らしいお部屋を割り当てていただいたようです。事前に高層階リクエストをしていたこともあり、希望が通った形です。

お部屋の内装(全体)

お部屋に入ると、壁に飾られたこちらの作品がお出迎え。スイートルームにはいくつかのアートが飾られています。

エグゼクティブオーシャンフロントスイートの広い空間に最初から圧倒されます。76平米あるこの空間は、リビングルーム、ベッドルーム、そしてバスルームの3つからできており、それぞが独立(またはパーティションで分ける)した構造になっています。

入り口付近から見ると、全体を一望することができます

リビングルーム

まずはリビング部分からご紹介。ベッドが視界に入らない、テーブルやソファーのみで構成された空間はまさにスイートルームにふさわしい作り。この空間だけでも普通のホテル以上の広さがあります。

手前のダイニングテーブルは、インルームダイニングやお酒を楽しむのに適しています。

テーブルの上にはハレクラニロゴの入ったチョコレートクランチとあおさのポテトチップス、そして泡盛がありました。泡盛はスタンダードなお部屋には無かったので、スイートならではのものかと思います。

ソファーは広々としたもので4人は腰掛けられるほどの大きさ。くつろぎながらテレビを見たり、ここでお酒を楽しむこともできました。

目の前には70インチほどの大きなテレビが壁に埋め込まれています。ハレクラニ沖縄のテレビの嬉しいところは、HDMIポートが壁に埋め込まれているため、テレビの裏まで手を伸ばさなくても簡単に外部機器を接続できる点。

私たちは、いつもAmazon Fire TVと任天堂Switchを持参して大画面で映画鑑賞やゲームを楽しんでいます。連泊時はこういったものを持ち歩いていると、新しい楽しみができるので重宝しています。

テレビの下には大きな棚があります。滞在中はこちらにさまざまなものを収納することができるので、毎回スーツケースに出し入れする手間も省けますし、客室内をスッキリみせることができ重宝しています。忘れ物だけ注意です!

棚の上には小物入れもあります。指輪やネックレスはこちらに収納可能です。

ベッドルーム

ベッドルームはリビングルームとスライド式のドアを挟んで隣り合った場所にあります。窓の外にはオーシャンビューが広がります。今回のお部屋は、オーシャンフロントなので、真正面に海を眺めることができました。

今回のお部屋はツインベッド仕様でしたが、ひとつひとつがとても大きな作りになっており、ゆったりと休むことができました。

日中は日差しが強いため、木製の日除けドアを閉めていましたが、ブラインドのように角度を変えられるため、陽の光を浴びたい時は微調整することが可能です。

ベッドサイドにはBOSEのスピーカーがあり、Bluetoothでスマホの音楽を再生できました。

なお、通常はタブレットからは様々なサービスの予約が可能な仕組みがあるのですが、この日はあいにくメンテナンス中でした。

空気清浄機もベッドルームに1台あります。こちらは、パナソニックのECONAVIでした。

反対側のベッドサイドには、内線やテレビのリモコンケース、メモ帳が置かれていました。

今回は、ウェディングでの利用だったため、ベッドの上にはお祝いの品が置かれていました。ハレクラニロゴ入りのタオルで作られた幸せのスワンハレクラニの夫婦箸。自宅に持ち帰ることが可能とのことで、一生の思い出になりました。

ベッドの前には70インチ程度のテレビがあります。さすがスイート!リビングだけでなく、ベッドルームにも別でテレビが設置されていました。

テレビ脇にはリビングルームと行き来できるスライド式のドアがあり、以下のように閉めて独立させることも可能です。

バスルーム

続いてバスルームです。ハレクラニ沖縄のバスルームは、スタンダードルームもスイートルームも大きなバスタブが外に出ている点が特徴。ラグジュアリーホテルならではの内装ですね😄

バスタブからは海を眺めることもできますよ!

洗面台は広々とした2面となっています。スタンダードのお部屋も2面ですが、こちらは真ん中にさらにスペースがあり、広々とした設計です。

小物を置いても十分すぎるほどのスペースが確保されています。

下段にはバスタオルなどが収納されており、中央部分には椅子もありますので、座りながら身支度を整えることも可能ですよ!

石鹸類はROJA PARFUMSで統一されており、洗練された香りも一緒に楽しむことができます。

コップ類は、リゾートを感じさせる色合いのものが中央に配置されています。

アメニティは、引き出しの中に収納されています。ハレクラニのロゴが丁寧に施された包装が、気分を高めてくれます。

ハレクラニ沖縄スイートルームのアメニティ

歯ブラシ x 2
ボディータオル x 2
バスソルト x 2
剃刀 x 1
シェービングクリーム x 1
マウスウォッシュ x 1
綿棒セット x 2
コットンパッド x 2
ヘアキャップ x 2
ヘアバンド x 2
ヘアゴム x 2
ヘアブラシ x 1
爪研ぎ x 1

中でもバスソルトは入浴時に是非使っておきたい一品。ComfortとRelaxの2種類いただける + 使用済みであれば翌日も補充していただけるので、夜のバスタイムは是非バスソルトとともに!

ヘアドライヤーはおしゃれなコチラのボックスに収納されています。

ハレクラニ沖縄ではFUKUGEN Proのドライヤーを使用することが可能です。

シャワールームとトイレは壁側のガラス扉内に設置されています。

大理石調の立派なシャワールームで、至福のひと時を楽しめることでしょう。

こちらもROJA PARFUMSのシャンプー、コンディショナーとシャワージェルが用意されています。ハレクラニを象徴するブルーカラーが特徴です。

また、スイートルームのシャワールームは広々設計で、腰掛ける場所も中にありました。

トイレは、シャワールームと横並びで設置されています。こちらも大理石調で落ち着いた雰囲気です。

ウォークインクローゼット

ラグジュアリーホテルの多くには、ウォークインクローゼットが用意されており、スーツケースなどを収納することが可能になっています。ハレクラニ沖縄のスイートルームのウォークインクローゼットはとても大きなものになっていて、複数のスーツケースや上着をきれいに収納が可能、滞在中の出し入れも容易なんです。

壁側には棚とクローゼット、金庫などがあります。アイロンとアイロン台もあるので、スーツケースの中でシワになったシャツは室内で簡単にアイロン掛け可能です。

USB充電式のライトも完備。ベランダで夜お酒を飲む際には、事前に充電しておくことで、幻想的な灯りを楽しむことができます。

クローゼットの引き出しの中には、ランドリーバッグ、靴磨きが収納されています。

また、靴磨き用のブラシや靴べらも完備しています。

プールに行く際に重宝するフード付きのビーチパーカーや上下分離型のパジャマもこちらに収納されています。

バスローブにはHalekulaniのロゴが入っており、気分を高めてくれます。

ハレクラニのプールバッグはプールをはじめ、ホテル内での移動時に重宝しますし、なんと自宅に持って帰ることができます。

ハレクラニのロゴが入ったビーチサンダルとふわふわの室内用スリッパ。

ロゴ入りのビーチサンダルは、こちらも持ち帰り可能。旅の思い出に是非持って帰りましょう。

ハレクラニロゴの入った段ボールも1つ完備。120サイズでさまざまな用途に活用できます。こちらは原則郵送で自宅などに荷物を配送する場合に利用可能なもので、室内にある郵送伝票を使用して発送が可能です。段ボール代が郵送代金に含まれているそうなので、手で持って帰る場合に利用するものではありませんが、オペレーターへ相談すれば利用可能な場合があります。

私たちは、大量の荷物があったため、さらに1ついただき合計2枚を使用して荷物を梱包、車に積んで持って帰りましたが、事前にオペレーターへ相談して許可をもらっています。黙って持って帰らないようにしましょう。

お部屋の設備

お部屋の一角にはコーヒーマシンや食器類、冷蔵庫などがありました。ハレクラニのロゴが入ったペットボトルのお水は、ベッドメイキングの際に補充いただいたり、翌日にも新しいものをいただいたりと、リゾートでの配慮がとても行き届いていました。

コーヒーマシンはお馴染みのネスプレッソ。

引き出しの中には、ティーカップをはじめ、コップ類や電気ケトルもありました。ワイングラスは常設ではありませんが、オペレーターへ電話することで無料で利用することが可能です。

そして、冷蔵庫の中にはソフトドリンクやお酒が入っています。スイートルーム宿泊者は、こちらのドリンクは全て無料で楽しむことが可能です。また、連泊時は清掃が入るタイミングで補充されますので、遠慮なく飲んでしまいましょう!

ベランダ

続いてベランダから見える景色をご覧いただきましょう。サンセットウイングのオーシャンフロントは、ビーチフロントウィングとは異なり、目の前にプールがない分、落ち着いて海を楽しむことができます。

ベランダにはテーブルセットのほかサンベッドもあります。

ハレクラニ名物のプール

ハレクラニ沖縄のホテルステイといえばプールを思い浮かべる人も多いはず。ハレクラニでは複数箇所にプールを設けており、それぞれ異なる雰囲気をもっています。

オーシャンテラスプール

サンセットウイング側にある唯一のプール。インフィニティプールとなっており、プールに入りながらサンセットを楽しむことができます。

クワイエットプール

ビーチフロントウイング側にあるプール。こちらもインフィニティプールです。

オーキッドプール

ハレクラニといえばこちらのプールを想像する人が多いはず。ビーチフロントウイング側にあるメインのプールで、子連れゲストはこの辺りで遊んでいる印象があります。

オーキッドプールの近くにはキッズプールもあります。

サンセットウイングのお部屋からの夕陽

サンセットはサンセットウイングでしか楽しむことができないので、この絶景をお部屋から楽しみたいのであれば予約時にサンセットウイング指定のプランを予約しましょう。

以下は別日にサンセットウイングに宿泊した際の写真ですが、晴れるとここまでくっきりとサンセットを見ることもできますよ!

サンセットバー SPECTRA

サンセットウイングの5階にあるロビー横には、バー SPECTRAがあります。サンセットバーとあるとおり、バーカウンターは夕陽が沈む方向を向いているので、お酒を飲みながらサンセットを楽しむことができます。また、ハッピーアワー Pau Hanaも設定されているので、夕食前に1杯楽しむなんて時には是非利用してみたい場所です。

ハレクラニ沖縄の夕食

今回の2泊3日ではそれぞれハレクラニ沖縄内の別々のレストランでディナーを予約しました。

初日はHouse Without A Keyというお店を選択。

2日目は青碧蒼 AOMIという日本料理のお店でお寿司のコースでした。

夕食中のターンダウンサービス

リゾートホテルではよくあることですが、夕食などに出かけていると、ホテルのスタッフがベッドメイキング(=ターンダウン)をしてくれることがあります。ハレクラニ沖縄も、クッションの片付けとパジャマの設置、ペットボトルの水の追加をしてくださりました。

メッセージカードにハレクラニロゴ入りのお守りもいただきました。

2日目のターンダウンでは、ハレクラニ沖縄の香りを詰めた小さなボトルをいただきました。

ベランダから見る星空

別日に宿泊した際の写真ですが、海の目の前に建つハレクラニだからこそ、光に邪魔されない綺麗な星空を眺めることができます。晴れると空に雲ひとつない、とてもきれいな星空を眺めることができます。

ハレクラニ沖縄の朝食

今回の2泊3日ではそれぞれハレクラニ沖縄内の別々のレストランで朝食をいただきました。現在は順番待ちをする必要があり、チェックイン時に渡されるQRコードから順番待ちを行います。朝7:00に登録した段階で、レストランによっては130分待ちという状態でしたので、朝起きたらまず順番待ちをすることを忘れないようにしましょう。

初日は日本料理 青碧蒼 AOMIで和食をいただきました。詳細レポートはこちら。

2日目はシルー SHIROUXというイノベーティブレストランと呼ばれるレストランでいただきました。

チェックアウト後

ホテルをチェックアウトする際には、スタッフが車をエントランスまでつけてくださるのですが、ハレクラニロゴ入りのお水をいれていただきました。真夏の訪問時には冷えたお水でしたが、今回(気温20度前後)は常温のもので配慮が行き届いた素晴らしいサービスでした。

何度宿泊しても感動する、最高のラグジュアリーホテルハレクラニ沖縄でした。

一休でハレクラニ沖縄の最安値をカレンダーで簡単検索

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
ホテル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ