【3/1更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【2024年最新】台北から羅東に電車やバスで行く方法・アクセスをブログレビュー解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

スポンサーリンク

台湾の東部には宜蘭県、花蓮県(太魯閣タロコ)、台東県の3つの県があります。東側は新幹線が通らず一見不便にも見えますが、台湾鉄道や高速バスが充実しており、新幹線に比べて安価。海、温泉、山のトレッキングなど自然を大満喫できる台湾東部は観光にもってこいです。

そんな台湾東部の中で最も北側に位置しているのが宜蘭県(中国語:宜蘭縣)。宜蘭県には大きな都市が2つ、宜蘭と羅東があります。この記事ではそのうちの1つ、羅東へ台北から行く方法をまとめます。

台湾政府主催!台湾訪問時に5,000台湾元(約23,750円)もらえるキャンペーンを開催中!

最新の台湾入国関連情報はこちらもチェック✏️

スポンサーリンク

台北と宜蘭県羅東の位置関係

台北市は台湾の北西に位置しており、対する宜蘭県羅東は台湾の東海岸の北部あたりに位置する都市です。台湾の経済の中心である台北・台中・高雄が位置する西海岸には南北を縦断する新幹線が走っていますが、東海岸の都市へ新幹線は走行していません。また、台北と宜蘭の間には大きな山があるため、交通手段によってはかなり時間を要す旅になります。

羅東(読み:ルオドン、拼音:luó dōng)

台北-羅東間には2つの移動方法がある

では台北から羅東までの移動にはどのような方法があるかというと、2024年現在は主に2つの移動方法があります。

電車(台湾鉄道)

日本人にとって最も簡単?というか馴染み深そうなのが電車で行く方法です。日本ほどではありませんが、(比較的)時間に正確で本数もある程度あり、価格も抑えめである電車は間違いなく旅行者にとっては簡単な移動方法だと思います。

バスよりも鉄道が圧倒的に便利なのは、行ったことのない観光地でも「駅」という確実に電車が来る場所をGoogle Mapでも肉眼でも確認しやすいところじゃないでしょうか。台湾はバス停が沢山あり、系統も大変多いので(しかもアナウンスが中国語であることが大半)、ちょっと敬遠してしまう人も少なくないはずです。

台北-羅東間には台湾鉄道(中国語:台鐵)が走っており、普通列車から特急列車までたくさんの列車が走っています。

台北から羅東までの所要時間と料金は以下の通りです(1台湾ドル=4.75円で計算)。

種別所要時間料金(台湾ドル)料金(日本円換算)備考
區間車(普通列車)約2時間29分NTD153727円
莒光(日本の急行列車に相当)約2時間11分NTD183870円1日に1-2本程度しかない
太魯閣(タロコ)約1時間15分NTD2381,130円1日に2-3本程度しかない。
普悠瑪(プユマ)約1時間24分NTD2381,130円
自強號約2時間9分NTD2381,130円日本の特急に相当
自強號(3000)約1時間26分普通席 NTD238
騰雲座艙(グリーン車) NTD513
普通席 1,130円
騰雲座艙(グリーン車) 2,437円
日本の特急に相当し、2021年12月29日から投入された最新車両で運行、グリーン車もある。種別に”3000″があるかどうかで見分けが可能。

區間車は、日本の通勤型ロングシートの車両が多く、安く行くことができますが少し疲れてしまうかもしれません。急行相当の莒光は安くもなく速くもなくで、そもそもほとんど走っていなく、短期間旅行で時間を合わせられるのか、要検討です。

現実的なのは太魯閣、普悠瑪、自強號と最新の自強號(3000)。太魯閣は最も速い列車ですが、本数が少ないため、普悠瑪の方が便利かもしれません。本数もそれなりにありますし、2012年デビューの比較的綺麗な車両に乗ることができます。

今最もおすすめなのは最新の自強號(3000)。2021年末のデビューで、最新の車両を体験することができるほか、ビジネスクラス(中国語愛称:騰雲座艙、日本のグリーン車に相当)を6号車に備えています。しかも軽食と飲み物付きです。まだ運行本数は少ないですが、せっかくの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

高速バス

台北から羅東への高速バスルートは、現在多くの台湾人や観光客に利用されている移動方法です。台湾鉄道の場合は基隆方面をぐるっと回り、山間を迂回して宜蘭県(羅東方面)へと入ってくるのですが、2020年に山間部の工事が完了し、山間をショートカットする形で宜蘭県(羅東方面)へと抜けることができるようになりました。

羅東方面には主に首都客運と葛瑪蘭客運、國光客運の3社が運行しています。
*下記以外にも台北客運(臺北客運)9028のMRT大坪林 – 羅東などがありますが、観光客にとってはマイナーな路線なので割愛します。

バス番号運行区間運行会社所要時間料金
1570市政府轉運站 – 羅東轉運站首都客運1時間〜1時間30分NTD131
1879
1879A
1879C
圓山轉運站 – 南港轉運站 – 羅東轉運站國光客運1時間10分〜1時間30分圓山から NTD149
南港から NTD118
1917
1917B
板橋 – 萬華 – 台北轉運站 – 科技大樓 – 羅東葛瑪蘭客運1時間〜1時間30分板橋から NTD170
台北から NTD143

A/B/Cの有無は曜日や若干のルートに違いがありますが、羅東に行く分にはどれに乗っても対して変わりません。

ポイントとなるのは、台北駅近くの台北轉運站(台北バスターミナル)を出発するのは葛瑪蘭客運の1917バスだけだという事です。しかもこのバスは板橋始発(新幹線で台北から1駅先)になります。

他のバスは台北駅ではなくMRT市政府駅やMRT圓山駅に近いバスターミナルが始発。どちらも観光地として栄えているエリアなので、観光行程によっては使いやすいバスターミナルではあります。

1879バスの途中に停車する南港は新幹線の終点駅。ちょっと遠くて観光客向きではありません。

1570バスの時刻表はこちら

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
宜蘭
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ
タイトルとURLをコピーしました