【宿泊記】館山の高級宿「THE SHINRA 森羅」プレミアムスイートをブログ口コミレビュー解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

ホテル
スポンサーリンク

日本国内にはさまざまなお宿がありますが、お2人様専用宿と呼ばれるカテゴリーの宿があります。今回宿泊した千葉県館山市の「森羅」(しんらと読む)は2人宿泊のみを受け入れ、お子様不可というオトナの隠れ家にピッタリのお宿です。目の前に広がる雄大な海と遠くに見える富士山、サンセットや星空までも楽しめる最強露天風呂付き宿をご紹介します。

ここから一休でTHE SHINRA 森羅の最新の料金をチェック!

スポンサーリンク

館山の高級宿「森羅」とは

関東地方にある高級宿というと、箱根や伊豆を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は千葉県の房総には海が見える素敵なお宿がたくさんあります。最南端の館山市には知る人ぞ知る高級宿が数多く展開されており、その代表格が今回宿泊した「森羅」です。

ホテル名THE SHINRA 森羅
住所〒294-0302 千葉県館山市塩見284-1
電話番号0470-29-1233
アクセスJR館山駅からタクシーで20分程度
JR館山駅から送迎バスあり(時間:14:40、15:40、16:40発で要予約。最新の時間はホテルへ確認を。復路も送迎あり)
客室数26室
開業日2019年5月1日(リニューアルオープン)

エントランスへはカートで移動

お宿は房総の海を一望できる全室オーシャンビューでテラス付き。ということを到着した瞬間に感じることができる佇まい。いきなりテンションが上がります。車を1階の駐車場に停めると、南国リゾートを彷彿とさせるカートがお出迎え。荷物と共にエントランスまで送迎(?)いただきます。

客室の位置関係

森羅は3つの棟(PRESTIGE棟、CLASSIC棟、VILLAS棟)からできており、それぞれお部屋の雰囲気が大きく異なります。私はお部屋の雰囲気から最新のPRESTIGE棟を選択してみたのですが、検討する際には3つをよく比較してから後悔のない選択をしましょう。

森羅 WEBサイトから引用

森羅公式サイトによると、建物の配置は上記のようになっており、PRESTIGE棟以外は小さな山の上に位置していることがわかります。PRESTIGEとあるように、高級な雰囲気のお部屋(LUXUARY SUITE、PRECIOUS SUITE、PREMIUM SUITE)は全てPRESTIGE棟に位置しています。また、チェックイン時のRECEPTIONや無料でお酒を楽しめるTHE LOUNGE、レストランTHE DININGも全てPRESTIGE棟に集約されているため、棟内での移動も便利です。

ここから一休でTHE SHINRA 森羅の最新の料金をチェック!

チェックインはTHE LOUNGEで

森羅での1日はここから始まります。まずは8階にあるTHE LOUNGEにてチェックイン手続きを行います。270度を大きな窓ガラスで囲まれた空間で、陽の光を浴びながら一気に非日常の雰囲気へと溶け込んでいきます。何よりも森羅の魅力の1つである目の前に広がる房総の海が、リゾート感を演出してくれました。

ウェルカムドリンクで一息ついて、雄大な海を眺めた後はエレベーターで客室へ。いよいよ本日のお部屋とご対面です。

ここから一休でTHE SHINRA 森羅の最新の料金をチェック!

プレミアムスイートが最強すぎた!

今回予約したのはPRESTIGE棟の4階にあるPREMIUM SUITEのお部屋。見どころ満載なお部屋を早速見ていきましょう。

お部屋の内装

まずドアを開けて目に入るのは、大きな窓ガラスが印象的な解放感ある広々としたお部屋。ベッド側の窓からは房総の海を愉しむことができます。

ベッド脇にはソファやテレビが置かれた空間があります。

大画面テレビは、55インチ程度はあるのではないかと思います。HDMIケーブル対応が嬉しいところ。Amazon Fire TVを持参して大画面で映画鑑賞を楽しむことができました😃

洗面所・バストイレ

洗面所の豪華さには驚きました。洗面台の色使いや鏡周りの色合いがとても素敵で、オレンジ系のライティングによりゆっくり落ち着いて過ごすことができる空間になっていました。アメニティは男女で別々に準備されているこだわりも。洗面台の奥にはシャワールームが併設していて、その奥に露天風呂が位置しています。

客室露天風呂

森羅の客室は全室客室露天風呂がついています。今回宿泊したお部屋にはバルコニーと直結する形で配置された露天風呂があり、海を見ながら温泉を楽しむことができました。

お部屋の設備

お部屋の中には、お茶やコーヒー類、各種グラスも完備されていました。冷蔵庫の中の飲み物類は種類が豊富というわけではありませんでしたが、THE LOUNGEで飲み放題なのであまり気にならないと思います。

THE LOUNGE

森羅でホテルステイをする際の魅力の1つがこのTHE LOUNGE。お酒やソフトドリンクが飲み放題で、軽食も無料で提供されているんです。チェックイン後にお部屋探索を楽しんだ後はすぐにこちらに移動してラウンジステイを楽しみました。青空のもとで広がる雄大な海を見ながらのお酒は格別です。もちろん外のテラスでお酒を楽しむこともできますよ!

夜の時間には少しメニューが変わり、お昼の時間よりもお酒の種類が増えたり、おつまみも多く置かれていました。

ここから一休でTHE SHINRA 森羅の最新の料金をチェック!

サンセットと富士山のコラボ

森羅の名物の1つがこのサンセットと富士山のコラボ。森羅は房総半島の中でも東京湾寄りに位置しているので、ちょうど太陽が沈む方向に富士山が綺麗に見られる環境にあります。この日は春の透き通った空気も手伝って綺麗に富士山を見ることができました。

そしてこの景色は、もちろんお部屋の中からも堪能することができました。

ここから一休でTHE SHINRA 森羅の最新の料金をチェック!

THE DININGで夕食

夕食はPRESTIGE棟2階にあるTHE DININGにていただきます。個室の用意はないようですが、席同士の距離が比較的離れており、またお部屋の数から分かるようにそもそも宿泊者数が限られているため、周りの目が気になることなく、落ち着いて食事を楽しむことができました。

この日のメニューは以下のような内容でした。

前菜の「はまぐり安平、春野菜のゼリー寄せ、フォアグラの茶碗蒸し、蛍烏賊のタルト」

地元菜園の野菜を使った「森羅オリジナルのバーニャカウダソース・ちょい足し味噌」

漁港直送のお刺身盛り合わせ

地魚の焼き物、白子のクリームソース

房総ブランドの伏姫牛を使ったお肉料理

十五穀米と白魚のまぜご飯、赤だし汁

デザートには根セロリのケーキとタピオカミルクを。

ここから一休でTHE SHINRA 森羅の最新の料金をチェック!

夜の星空をお部屋から

森羅は夜に星空を眺めることができるホテルとしても有名です。千葉県で星空が見られるのかと思う方もいるかもしれませんが、館山は比較的星空が見られることでも知られ、特に冬から春先の空気が澄んだ時期には空一面に広がる星を眺めることができます。

朝食はTHE DININGで

2日目のスタートはTHE DININGでの豪華朝食から。和食と洋食から選択することができ、この日は洋食でお願いしました。

席についてまず目にとまったのは試験管のような入れ物に入ったシロップやナッツ類、そしてドライフルーツです。ヨーグルトに入れていただくのですが、視覚から楽しませてくれる工夫に感動しました。

サラダに使うベーコンや胡椒類もおしゃれな器で提供されました。

いよいよメインプレートの登場です。朝食とは思えないほど豪華で、色とりどりのメニューが詰まった朝食プレート。緑の大きな器に入っているのは「館山の神戸レタスを使ったシーザーサラダ」。季節のスープはお野菜とお肉がたっぷりと入った食べ応えある1品。中央にはメインプレートとして「地元 宮本養鶏玉子を使ったエッグベネディクト、館山産ひじきの粗挽きソーセージ」など。朝から気分が上がる朝食でした。

ここから一休でTHE SHINRA 森羅の最新の料金をチェック!

THE SPA たてやま温泉大浴場

森羅にはお部屋の露天風呂以外に大浴場があります。THE SPAたてやま温泉大浴場では、文字通り温泉を楽しむことができるんです。PRESTIGE棟7階の大浴場から眺める房総の海は格別です。

湯上がり後はこちらの休憩スペースで飲み物やアイス(ハーゲンダッツ)を愉しむことができます。

予約はお得な一休で

私たちは、一休というサイトで予約をしました。高級旅館やホテルを中心に多くの宿泊施設を扱っている近年大人気のサイト。ポイント即時利用ができるので、例えば5%ポイント付与の場合、その場で5%引きに使うこともできるんです。まずは一休サイトで最新の価格を確認してみてください。

ここから一休でTHE SHINRA 森羅の最新の料金をチェック!


この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
ホテル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ