【2/20更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【宿泊記】ザ・テラスクラブ アット ブセナのクラブデラックスサンセットツインが最強すぎた!

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

ホテル
スポンサーリンク

沖縄県の西海岸、名護市の南に位置するザ・テラスクラブ アット ブセナ。沖縄県のリゾートホテルを中心に運営するテラスホテルズが手掛けるラグジュアリーホテルで、全室クラブフロアグレードとして扱われています。

今回はJTBでクーポンを駆使して【ちばりよー沖縄】海辺のウェルネスリゾートへ-島野菜たっぷりのヘルシー朝食付 というプランを格安で予約することができました。

スポンサーリンク

ザ・テラスクラブ アット ブセナとは

ザ・テラスクラブ アット ブセナはテラスホテルズが展開するラグジュアリーホテルで、名護市の南に位置しています。

テラスホテルズが展開するホテルには、ザ・ブセナテラスやジ・アッタテラス、ジ・ウザテラスなどがありますが、ザ・テラスクラブ アット ブセナは12歳以上しか利用できない、大人のための特別な空間を提供しています。

さらに嬉しいことに、全室クラブフロアグレードとして扱われており、ラウンジの利用が可能です。

レストランや有名なタラソプールは宿泊者のみの利用となっており、まさにホテル宿泊者だけが堪能できる空間づくりとなっているんです。

ホテル名ザ・テラスクラブ アット ブセナ
住所 〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1750
電話番号098-051-1113
アクセス那覇空港から車で75分
または、空港リムジンバスで90分
客室数68室
開業日2011年4月1日

入口と外観

国道58号線北上し、恩納村エリアの高級ホテル街を通過した先、名護市に入って最初の方に出てくるホテルがザ・テラスクラブ アット ブセナ。部瀬名岬という岬の付け根の部分にあるホテルです。

部瀬名岬には岬入口付近のザ・テラスクラブ アット ブセナと、さらに奥に進んだ先にあるザ・ブセナテラスの2つがあります。

ザ・テラスクラブ アット ブセナのレセプションは、ホテルとは別の棟として構えられており、奥には海が見える開放感のある作りが特徴です。このような構成はどこか恩納村のハレクラニ沖縄(宿泊記はこちら)にも似ています。

車はキーをスタッフにお渡しし、駐車場へ運んでいただきました。スーツケースなどの手荷物は先にお部屋へ運んでいただきます。

レセプションでは、ソファーに腰掛けながらチェックイン手続きを行いました。

ウェルカムドリンクをいただけるのも嬉しいポイント。序盤からワクワク感が高まりますね!

いよいよ宿泊するクラブデラックスサンセットツインに移動します。

クラブデラックス サンセット ツイン(54平米)

まずは、レセプション棟から隣のホテル棟へと進みます。荷物はスタッフの方に運んでいただきました。

今回宿泊したのは7階のお部屋です。

お部屋の内装(全体)

お部屋の中に入ると、壁が少ないことでとても広く解放的な室内が目に飛び込んできました。テレビ・ソファーのエリア、ベッドのエリアのほか、手前のキッチン・ハイテーブルエリア、そしてバスタブまでが1つの空間に共存しているのは、他にないザ・テラスクラブ アット ブセナのお部屋の特徴かもしれません。

では、それぞれのエリアごとに詳しく見ていきましょう。

テレビ・ソファエリア

テレビ前にソファーとテーブルセットがありました。2人掛けのソファー以外に1人掛けの椅子もあり、テーブルを挟んで談笑したり食事をしたりとアレンジも可能です。

テレビは壁に埋め込まれる形で周りが広くなっており、とてもすっきりした印象ですね。

壁掛けの大画面テレビは、50インチ程度はあるのではないかと思います。HDMIケーブル対応が嬉しいところ。Amazon Fire TVを持参して大画面で映画鑑賞を楽しむことができました😃

ソファーの奥にはベッドエリアも見えます。

キッチン・ダイニングエリア

入り口付近には簡単なキッチンとハイカウンターのテーブルと椅子のセットがありました。キッチンといってもコンロがあるわけではありませんが、簡単な水道があり、水を汲んだり、残った飲み物を流したりと色々使える場所です。

ベッド

ツインのお部屋ですが、間には台などがない設計のため、カップルなどには良いかもしれません。

ベッド側から見ても、やはりこのお部屋は相当に大きいですね!

ウェルカムギフト

テーブル上にはウェルカムギフトとメッセージカードが。こういう細かな気配りができるホテルはいいですよね。

お部屋の設備

お部屋の一角にはコーヒーマシンや食器類、冷蔵庫などがありました。お水にはホテルのロゴも。

フード付きのこちらの衣類は、ホテル名物のタラソプールに行く時に役立ちました。濡れた髪の毛も覆ってくれるのは嬉しいですね。

洗面所・バスタブ

洗面所はリゾートホテルらしい2つの洗面台で構成され、リゾートらしい落ち着いた色合いとなっていました。

シャンプーやアメニティ一式もまとまって配置されています。

バスタブはベッドやソファーエリアと直接つながっており、解放感ある作りになっています。

ベランダ

ベランダは奥行きのあるとても広い作りが印象的でした。他のリゾートホテルと比較しても、ここまで大きなベランダは見たことがありません。

テーブルと椅子のセットはもちろん、サンベッドもあるので横になりながらゆったりとした時間を過ごすのにもってこいです。

お部屋からは部瀬名岬全体と海も見ることができますよ。

その他(ビーチサンダル)

テラスホテルのロゴが入った可愛らしいビーチサンダルはお部屋の中にあります。プールへ行く際に使用できるほか、持ち帰ることも可能です。

アニバーサリー特典

記念日にはハーフボトルのシャンパンを入れてくださるということで注文しました。

ターンダウンサービス

高級ホテルには大概ターンダウンサービスがあります。ベッドを置いているホテル(和室ではない)であれば、通常ベッドの足元にベッドスプレッドが敷いてあると思います。これを片付けて掛け布団を整えてくれるサービスです。夕食などで外出している間にベッドメイキングをしてくださることがほとんどで、まれに粗品を差し入れてくれるホテルもあります。

バスローブとパジャマ以外にロゴ入りのチョコレートも。

バスタブ横には、紅葉型のバスソルトも置かれていました。

名物タラソプール

ザ・テラスクラブ アット ブセナといえば、名物のタラソプールを思い浮かべる方も少なくないはず。部瀬名岬で汲み上げられた海水を使っているという温水プールは、14のエリアから構成されており、ジェットの刺激などで身体のあちこちをほぐし、良い運動ともなるように設計されています。

ホテル棟から見ると、以下の右側にあるように、建物に囲まれたプライベート感あるエリアにタラソプールはあります。

1階まで降りると、タラソプールの受付があるので、そちらで荷物を預けてプールへと向かいます。なお、ここでスマホを預ける必要があるため、タラソプールの写真を撮ることはできません

お部屋からの夕陽

クラブデラックスサンセットのお部屋を予約したので、サンセットを楽しみにしていました。この日はあいにくの曇り空(ちょっとだけ青空が広がったのですが)だったため、完全なサンセットとはいきませんでしたが、それでも夕陽が見られる時刻にはオレンジ色の空が現れました。

シーズンによって、太陽が落ちる方向が変わります。特に冬のシーズンのサンセットは木に隠れてしまう可能性があることに留意したいですね。

ライブラリーラウンジ&バー

オーシャンタワーの1階にはザ・テラスクラブ アット ブセナに宿泊している方だけが利用できるクラブラウンジがあります。

ファインダイニングでの夕食

今回の宿泊では、ホテル1階にあるファインダイニングを予約しました。クラブラウンジのすぐ横にある、開放感あふれるレストランです。

地元素材を中心に使った、コンチネンタル料理をいただきました。
席に着いた時の、この青く輝くプレートがとってもおしゃれで印象的なんです。

朝食

今回の宿泊では、同じ敷地内にある別のホテル「ザ・ブセナテラス」のレストラン利用しました。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
ホテル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ