【3/1更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【2024年3月最新】ランタンの街・十分(シーフェン)のアクセス・行き方を徹底ブログ解説します

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

旅行計画
スポンサーリンク

台北旅行の際にちょっと足を伸ばして行ってみたいランタンの街「十分(日本語読み:ジュウフン、中国語読み:シーフェン(shí fèn))」への行き方・アクセス方法を徹底解説します。

台北市郊外に位置している十分は実際にはお隣の新北市にあり、台北市内から1時間30分ほどの場所にあります。アクセス方法は電車が一般的ですが、路線バスや現地ツアーもかなり人気です。

この記事では十分を過去6回訪問している私がそれぞれの移動手段について解説します。

限られた旅行期間で十分を効率的に回りたい場合は、お得な現地ツアーがオススメです♪

十分と同じ方面にある超有名観光地「九份(キュウフン)」への行き方はこちら↓

十分から九份へ向かいたい方はこちらに行き方・アクセスまとめています↓

スポンサーリンク

台北と十分の位置関係

アクセス方法を検討する前に、十分がどの位置にあるのかを知っておくと良いと思います。台北からみると十分は北東方面に位置しており、超有名観光地の九份から近い場所にあります。

台北-十分には3つの移動方法がある

台北市内から十分までの行き方・アクセス方法には①電車、②路線バス、③タクシーがあります。順番に見ていきましょう。

①電車(台湾鉄道・平溪線)

日本と同じように、台湾にも地上を走る鉄道が走っています。日本でいうJRのような鉄道で、台湾鉄道(中国語:台鐵(中国語読み:タイティエ(tái tiě)))と呼ばれており、台北市の中心にある台北駅から乗ることができますよ。

台北駅から1時間30分で十分に到着しますが、必ず乗り換えが必要になります。台北駅を通る台湾鉄道本線で途中の瑞芳駅(ルイファン)まで行き、そこから平溪線(ピンシー)に乗り換えることで十分駅まで行くことができます。では、具体的に乗り換え含めた行程を解説しますね♪

台北 – 瑞芳駅間の電車移動

まずは、途中の瑞芳駅までの列車の種類と所要時間、料金を比較してみましょう。なお、子供は基本的に記載金額の半額です。

列車の種類(括弧内は日本列車相当)所要時間(約)料金(台湾ドル)料金(日本円換算)備考
區間車(普通列車)50分NTD49213円最も安く一番本数が多い。日本の各駅停車に近い。
區間快車(快速列車)35分NTD49213円1時間に1本程度走っている快速列車。
莒光(急行列車)50分NTD59257円座席指定ありの急行列車。そもそもほとんど走っていないので出会うこともなさそう。
自強號(特急列車)35分NTD76331円この特急列車の方がよく見かける。車体は古いが遠くに行くなら早く着く特急は選択肢の一つ。
自強號(3000)(特急列車)35分NTD76331円自強號の最新車両版には3000の数字がついている。
普悠瑪(プユマ)(特急列車)32分NTD76331円赤色が印象的な特急列車。主に台湾の東海岸に行く際に利用可能で、台北ー瑞芳間も何本か走っている。
2023年4月3日 1台湾ドル4.36円で計算

台湾鉄道列車検索はこちら

走っている列車の種類は上記のようにいくつかありますが、運行本数を考えると普通列車相当の區間車か特急列車相当の自強號の2択だと思います。區間車なら台北ー瑞芳間で片道NTD49、往復でもNTD98と日本円にして400円程度で行けるのは相当安いと思いますね。自強號でも往復NTD152なので、せっかくの台湾旅行だし海外の特急列車に乗ってみたい!と思う方は試してみる価値ありです。

區間車(普通列車、快速列車)に乗るのであれば、券売機で乗車券を買うだけでOK。簡単に乗ることができます。都度切符を購入するのは大変なので、台湾旅行をするのであれば悠遊卡(日本語読み:ヨウヨウカー、中国語読み:ヨウヨウカー(yōu yóu kǎ))を購入し、事前にチャージをしておくことをお勧めします。日本同様、タッチするだけで乗車できる悠遊卡は台湾旅行では必須です✌️

鉄道でのアクセスにおいて気をつけないといけないのは、乗り換えが発生するケースがあること。台北から北上して瑞芳方面に行く際に基隆市を通過するのですが、基隆行きは瑞芳方面に向かう幹線から途中で分岐してしまいます。そのため、この場合は必ず途中駅の八堵駅で瑞芳方面に向かう列車に乗り換えてください。

また、瑞芳駅は大きなターミナル駅ではありますが、特急列車の一部は通過してしまいます。上記の自強號(3000)や普悠瑪といった特急列車のほとんどは瑞芳駅を通過するので注意してください。

瑞芳 – 十分間の電車移動

瑞芳(ルイファン)駅に到着したら、平溪(ピンシー)線に乗り換えましょう。改札を出る必要はなく、別のホームから出発することとなります。瑞芳駅から十分駅まではおよそ30分程度です。

平溪線のほとんどは瑞芳駅よりも手前の八堵(バードゥ)駅や八斗子(バードウズ)駅が始発で、終点の菁桐(ジントン)駅まで各駅に停まります。瑞芳駅は始発駅ではありませんが、座れないほど混んでいることはそこまでないと思います。

本数は1時間に1本程度運賃はNTD20です。

駅名拼音読み方所要時間
(瑞芳から)
備考
瑞芳ruì fāngルイファン台湾鉄道乗り換え
猴狪hóu tóngホウトン6分
三貂嶺sān diāo lǐngサンディヤオリン14分
大華dà huáダーフア23分
十分shí fēnシーフェン、じゅうふん31分10分ほど停車
望古wàng gǔワンフー45分
嶺腳lǐng jiǎoリンジャオ50分
平溪píng xīピンシー54分
菁桐jīng tóngジントン1時間
平溪線の駅名と所要時間

②路線バス(795番・台湾好行)

台北市内から十分に行く方法の2つ目は路線バス。台北市内の木柵(ムージャー)駅から795番バスで1時間ほど。

MRT文湖線木柵駅前のバス停「捷運木柵站」から795番バスで1時間、運賃はNTD45

この795番バスは台湾好行(タイワンハオシン)というシャトルバスで、観光客が十分にアクセスしやすくなるように運行されています。台湾好行は台湾中の有名観光地までの運行するシャトルバスで、台湾中を旅行していると各地で目にすることになると思います。

シャトルバスと言っていますが、他の路線バスと同じ感覚で予約なしで乗車可能です。

そんな台湾好行795番バスは、MRT木柵駅目の前のバス停「捷運木柵站」から乗車し、1時間ほどで十分に到着します。台湾鉄道で行くよりも30分ほど早く着くことができるほか、乗り換え不要で直接目的地まで向かうことができるんです。

一方で、結構な山道を走行するため、立ち乗車の場合は結構しんどい場合があります。観光路線であり混雑が予想されるため、座れずに山道を吊革につかまりながら乗車することに耐えられる方は使ってみてください。台湾鉄道よりも早くて安い路線バスは私はオススメです。

台湾好行公式サイト時刻表はこちら

③タクシー

台北市内からタクシーで行く方法もあります。相場は片道NTD1,100(日本円で約4,950円)と少々割高ですが、例えば4人でグループ旅行であれば1人1,250円程度なので楽していけるタクシーも選択肢に入るのではないでしょうか。

路線バスのように台北市郊外の木柵までわざわざ行かなくていいというのもメリットですね!

日本語ガイド付きの現地ツアーも

さて、ここまでは台北から十分までの行き方・アクセスを解説しましたが、乗り換えや時刻表との戦いが大変という方も少なくないと思います。しかも何かあった際に中国語で解決をしないといけないのは、旅行者にとってはハードルが高いですよね。

そんな方には、効率的に十分に行けて、日本語サポートも受けられる現地ツアーがおすすめ!半日程度で十分を効率的にまわることができますよ!

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
旅行計画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ