【3/1更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【2024年最新・徹底解説】那覇空港 JGC専用チェックインカウンター・保安検査場専用レーンをブログレビュー解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

JAL
スポンサーリンク

那覇空港にはJAL国内線を利用する方の中でも限られた人だけが利用できる専用チェックインカウンター保安検査場専用レーンがあります。

楽しい気分で空港に行ったと思ったら、

・チェックイン機に並ぶだけでも時間がかかった
・荷物を預けるのにさらに長蛇の列に
・保安検査場が大混雑、搭乗時間に間に合うか最後まで不安だった

といった経験は誰しもが1度はしているのではないでしょうか。そういう時間がかかる可能性のある場所を最優先で通してくれるのが、このJGC専用チェックインカウンター・保安検査場です。

JGC(JALグローバルクラブ)会員とJMBサファイア以上の搭乗者、ワンワールドエリートステイタスのサファイア会員以上のみが使用できるこのサービスを使えば、旅行や出張時の煩わしい時間を一気に通過することも可能。通過後はサクララウンジへと進んで搭乗前の優雅な時間を過ごすことが可能なんです!

JALファーストクラス搭乗者や、JGCプレミア、JMBダイヤモンド会員、ワンワールドエリートステイタスのエメラルド会員の方はJALファーストクラス専用チェックインカウンター・専用保安検査場が使えます。詳しくは以下をどうぞ!

スポンサーリンク

JGC専用チェックインカウンター・保安検査場へのアクセス

JGC専用チェックインカウンター・保安検査場ですが、那覇空港はそれぞれ離れたところに設置されています。この点が他の空港とは異なるところなので注意が必要です。

まず、JGC専用チェックインカウンターは3階の出発カウンターにあります。一般・ファーストクラス専用のカウンターと横並びで用意されており、すぐに見つけられると思います。

チェックイン後は1つ下の2階に移動する必要があります。那覇空港の構造上、2階に設定された保安検査場まで移動し、そこからラウンジや出発ロビーへと向かうことになります。

JGC専用チェックインカウンター付近には以下のような黒に金色文字の目印があります。また、カウンター前には黒い絨毯がありますので、すぐに見つけらると思います。

チェックインだけでなく、座席指定、受託手荷物を預けることまでもこちらで完結できますよ。

さて、チェックインが終わると次は保安検査場へと向かうことになります。
ただ、那覇空港の場合は他の空港とは異なり、少し離れたところに位置しています。

エスカレーターで2階におり専用保安検査場へと向かいましょう。エスカレーターを降りた先には以下のような保安検査場入り口があります。

・一般レーン
優先レーン(JGC会員以上やJALスマイルサポート対象者)
・JALファーストクラス保安検査場

の3つに分かれていますので、JGC及びJMBサファイヤ会員と、ワンワールドエリートステイタスのサファイア会員の皆さんは迷わず優先レーンへと向かいましょう。

優先レーンとありますが、「専用」保安検査場ではありません。優先レーンの先は一般レーンと合流して同じ保安検査場を使うこととなります。

保安検査場通過後は、サクララウンジまでつながる専用通路はなく、一般エリアを通ってサクララウンジ入り口へと向かいます。

JGC専用チェックインカウンター・保安検査場でできること

では、JGCチェックインカウンター・保安検査場でどのようなサービスが受けられるのでしょうか。

専用チェックインカウンターでのスムーズチェックイン

専用とある通り、一般の方とは異なるチェックインカウンターを利用することができ、スムーズな手続きが可能になります。夏休みなどの利用者が多い時期には重宝できるサービスです。受託手荷物の手続きもこちらで可能です。

受託手荷物無料許容量の優待

通常の手荷物量に追加して、以下の重量を無料で預けることができます。

JGC・JMBサファイア・ワンワールドサファイア会員:通常20kgまで(個数制限なし)+ 20kg以内
*普通席・クラスJ利用の場合
通常の受託手荷物に関するJAL公式WEBサイトでの説明はこちら
JGCに関する説明はこちら

これは専用チェックインカウンターに紐づいているサービスではなく、会員資格に紐づいているサービスです。ですから、一般のチェックインカウンターを利用した場合にも同様に適用されます。

なお、会員本人にしか適用されないので注意が必要です。

プライオリティーバッゲージタグ

JGC専用チェックインカウンターの利用資格がある方は、JGCまたはJMBサファイア会員・ワンワールドサファイア会員のいずれかになります。これらの方は、受託手荷物を預ける際にプライオリティーバッゲージタグというものを荷物につけていただくことができます。「JAL BUSINESS CLASS」と記載されたタグは、到着空港での荷物受領時に、JALファーストクラスタグをつけた方の次に優先で出てくることを意味しています。

これも専用チェックインカウンターに紐づいているサービスではなく、会員資格に紐づいているサービスです。ですから、一般のチェックインカウンターを利用した場合にも同様に適用されます。

公式サイト上では会員本人のみとされていますが、過去100回以上搭乗してきた経験では、同行者分も付けてくれます。推測ですが、同行者の荷物が遅く出てきてしまうと、このプライオリティの意味をなさないのでご好意で実施してくれてるのだと思います。
*例外はあると思うのでご注意ください。あくまでも公式ルールを優先しましょう。

保安検査場(専用レーン)の利用

3階のJGC専用チェックインカウンターでの手続き後は、2階の保安検査場(専用レーン)を利用することが可能です。一般の保安検査場は長蛇の列になることも少なくないですが、こちらを利用すれば、限られた時間を有効に使うことができます。

JALサクララウンジへのアクセス

保安検査場通過後は、一旦セキュリティエリア内の通路に出て、少し歩いてラウンジ入口へと向かう構造になっています。

JGC専用チェックインカウンター・保安検査場(専用レーン)の利用資格

では一体どんな資格があればこのチェックインカウンターと保安検査場(専用レーン)を利用することができるのでしょうか。詳しくは以下の通りです。

対象者
JALグローバルクラブ(JGC)会員
JMBサファイア
ワンワールドエリートステイタスの「サファイア」会員
JAL公式サイトより引用

なお、JAL公式WEBサイトには同行者に関する情報がありません。
JALグローバルクラブエントランスについてはこちら

では、同行者が1人以上いる場合はどうなるのか。経験上は1人の同行者(家族ではなく友人)がいても問題なく利用することができました。その時はスタッフに確認してみてOKをいただいたのですが、状況は常に変わっていると思いますので、心配な方はスタッフに確認してみるといいでしょう。

とはいえ、公式WEBサイトには同行者の記載が無いわけですから、ルールに従うことを前提にしていきましょう!

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
JAL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ