【搭乗記】羽田-台北松山 JAL097 B787-8 国際線ビジネスクラスに乗ってきた!

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

JAL
スポンサーリンク

JAL国際線の羽田ー台北松山線は東京、台北ともに中心地で発着する人気路線で、特に羽田発は朝8時台に出発しお昼前には台北に到着できる観光に適した時間帯に運行しています。

今回は、そんな羽田ー台北松山線のビジネスクラスに乗ってきたので、詳細をお届けします😀

スポンサーリンク

JAL国際線 台湾線のビジネスクラスとは

東京(羽田、成田) – 台湾(台北松山、桃園)間で運行するJAL便にはエコノミークラスとビジネスクラスの設定があります。2023年現在、プレミアムエコノミークラスとファーストクラスの設定はありません。

主に運航しているのは3つの機材で、機材によりビジネスクラスの座席も異なります。

ボーイング787-9 (789) E92

東京ー台湾線ではB787-9が運航しています。機材はE92で、以下の座席レイアウトになります。ビジネスクラスは1〜7番までとなっており、SKY SUITE Ⅲが採用されています。後方はプレエコの座席ですが、台湾線は設定がないため、エコノミー料金でプレエコ座席に座れるお得な路線でもあります(サービスはエコノミーと同じ)。

ボーイング787-8 (788) E03

一番多く運航しているのがB787-8(788)。機材はE03で、以下の座席レイアウトになります。ビジネスクラスは1〜3と7〜8番までとなっており、SHELL FLAT NEOが採用されています。

ボーイング737-800 (73H) V40

成田ー桃園線のみですが、小さな機材 B737-800 (73H)も運航しています。ビジネスクラスの座席はJALスカイラックスシート(JAL SKYLUXE SEAT)になります。

今回利用したのはB788のSHELL FLAT NEOになります。せっかくビジネスクラスに乗るのでれば、予約段階でどの機材に乗るかを確認しておきたいですね。私のおすすめはSKY SUITE ⅢSHELL FLAT NEO。せっかく乗るならビジネスクラスらしいプライベート空間がある程度担保された座席がいいですね!

ビジネスクラスにチェックイン

ビジネスクラスの体験は、チェックインカウンターから始まります。チェックインカウンターで長蛇の列ができているエコノミークラスのチェックインカウンターを回避できるのは嬉しいポイント。ビジネスクラスの文字がモニターに表示されているのですぐにわかると思います。

有人カウンターを利用することもできますし、羽田空港の場合は以下のような自動の機械に荷物を預けることも可能です。

チェックイン手続きが完了したら、手荷物検査に向かいます。この空間を見て、混雑時の手荷物検査は相当大変なんだなと汗が出ましたが。。羽田空港にはこの列を回避できるFast Track(保安検査優先レーン)というものがあります。ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者、JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイヤ、JGC会員の方が利用可能です。※2023年4月1日現在閉鎖中

ビジネスクラスラウンジ

ビジネスクラス搭乗者はJALのビジネスクラスラウンジであるサクララウンジを利用可能です。私はJMBダイヤモンド会員のため、さらに一つ上のクラスのJALファーストクラスラウンジを利用しました。その際のレポートはこちらからどうぞ!

ビジネスクラスへ搭乗

いよいよビジネスクラスへの搭乗です。JAL利用時は搭乗順番が細かく分けられています。ビジネスクラス搭乗者はGROUP2なので2番目のグループです。搭乗時刻前から列ができるので並んで待ちましょう。

タラップを通っていよいよ機内への入ります。

ビジネスクラスシート SHELL FLAT NEO

今回羽田ー台北松山線で利用したビジネスクラスはSHELL FLAT NEOという種類の座席。コクーンに包まれるような形が特徴のシートで、JALでは東アジア路線を中心に、短距離路線で活躍するシートです。

搭乗口が1〜3列目と7〜8列目の間になるので、前方1〜3列目のビジネスクラスの横を乗客が通過しないのは嬉しいですね。

7〜8列目はこのようになっており、すぐ後ろはエコノミークラスです。

コクーン形なので、リクライニングしても後ろの席に迷惑がかからない座席。フルフラットではありませんが、150度ぐらいまでは倒せるので、十分に横になって睡眠も可能です。

ビジネスクラスであれば、上着をロッカーで預かっていただけます。ハンガーが座席に置かれていました。使用しない場合は回収されます。

座席には枕とブランケットが置かれています。横になる時に使用することができました。

ビジネスクラスではスリッパの提供もあります。靴を脱いでリラックスした状態で飛行機を楽しむことができます。

リクライニングは電動で制御されています。ちょっとしたマッサージ機能もあって驚き😀

座席横部分にも簡単なボタンがありました。

ヘッドレストは高級感のある仕様。

前の座席との距離は十分にある広々空間。モニターはエコノミークラスより2まわり以上大きい充実したものです。

コントローラーは座席横に収納されています。

座席横奥には小物を収納するスペースがあり、ヘッドフォンもそこに収納されています。

テーブルは座席横から引き出すスタイル。半分に折り畳んで使うこともできます。

食事とお酒

ビジネスクラスの最大の楽しみはやはり食事とお酒でしょう。エコノミークラスとは全く異なる豪華な食事を空の上で楽しむことができます。

離陸して40分ほどで客室乗務員が順番に食事の準備をしてくれます。テーブルを出してクロスを敷いていただきました。

JAL BUSINESSとロゴが記載されたおしぼりが配られます。

手元のメニューで本日のお食事を確認します。

この日の食事(羽田-台北松山間の午前便)は和食または洋食から選択でき、この日は和食を選びました。

機内食メニュー(和食)

小鉢:蓮根・茗荷、芋きんとん、春菊のおひたし、くるみ豆腐・いくら・わざび、にしん昆布巻き・椎茸肉詰め・袱紗巻き・肉巻き・海老
主催:カレイの唐揚げ、みつせ鶏団子、きのこ餡
御飯・汁物
茶菓:アイスクリーム

飲み物はアルコール各種を取り揃えており、スパークリングワイン、赤ワイン、白ワインのほか、焼酎(芋・麦)もあります。

和を感じるおぼんの上に、豪華な和食が運ばれてきました。一つ一つの小鉢も彩豊かで食事が楽しくなります。

食後には日本茶とハーゲンダッツをいただきました。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
JALフライト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ