【3/1更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【2024年版】台北の大人気観光地龍山寺とは?見どころとアクセスをブログレビュー解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

スポンサーリンク

日本人にとって台北旅行の代名詞とも言える龍山寺。この記事では龍山寺の見どころとアクセスを解説します。

スポンサーリンク

龍山寺とは

龍山寺(Lungshan Temple)は、台湾の台北市にある歴史ある仏教寺院です。正式な名前は「聖観音菩薩聖堂」で、別名「艋舺龍山寺」としても知られています。この寺は、台湾の歴史と文化の中で重要な位置を占め、観光スポットとしても人気があります。

龍山寺の見どころ

  1. 歴史的建築物: 龍山寺は1738年に建立され、清朝時代にはじまる台湾の歴史的な寺院の一つです。そのため、寺の建築物は歴史的な価値があり、訪れる人々に古き良き時代の雰囲気を味わわせてくれます。
  2. 観音像と仏具: 龍山寺には美しい観音像があり、その彫刻や装飾は芸術的で迫力があります。寺内には仏教の祭壇や仏具も見どころの一つで、宗教的な体験を求める訪問者に深い感動を与えています。
  3. 庭園と祈祷の場: 寺院の周りには美しい庭園が広がり、参拝者が静寂な中で心を整える場所となっています。また、祈祷の場として使われる広場もあり、信仰心を大切にする人々にとっては重要なスペースとなっています。
  4. 年中行事: 龍山寺では年中様々な仏教行事や祭りが開催されます。特に正月や重要な仏教イベントの際には、多くの参拝者や観光客で賑わいます。これらの行事は伝統的な儀式やパレードで、台湾文化の一端を垣間見ることができます。

龍山寺へのアクセス

龍山寺は台北市の中心部に位置しており、アクセスは非常に便利です。

  1. 公共交通機関: 台北市内の多くの地域から、MRT(台北捷運)で龍山寺駅にアクセスできます。また、バスやタクシーも利用可能で、市内各地から簡単に寺へ向かうことができます。
  2. 歩行: 龍山寺は台北市の中心に位置しているため、近隣のホテルや観光スポットから歩いて訪れることもできます。周辺エリアは観光に適した場所が多く、歩きながら台湾の日常や文化を感じることができます。

台北を訪れる際には、龍山寺は歴史と宗教、美しい建築などを楽しむための魅力的なスポットとなっています。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
台北
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ
タイトルとURLをコピーしました