【3/1更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【2024年版】台北の行天宮とは?見どころとアクセスをブログレビュー解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

スポンサーリンク

台北旅行の際に立ち寄りたい中心地にある行天宮の概要を解説します。

スポンサーリンク

行天宮とは

台北に位置する行天宮(Xingtian Temple)は、台湾で最も有名な道教寺院の一つです。この寺院は主に武神である関帝(Guandi)を祀っており、信者たちの信仰の対象となっています。行天宮は、その壮大な建築と歴史的な価値により、観光スポットとしてだけでなく、信仰の場としても重要な存在となっています。

行天宮の見どころ

  1. 関帝廟 行天宮の中心に位置するのが関帝廟です。関帝は武将であり、その武勇と義理において尊敬を集める存在です。廟内では関帝の巨大な彫像が祀られ、信者たちが参拝し、祈りを捧げます。
  2. 四大天王 行天宮には四大天王も祀られています。これらの神々は、四方を守護し、信者たちに加護をもたらすと信じられています。彼らの像は彩り豊かで迫力があり、参拝者に神聖な雰囲気を提供しています。
  3. 歴史的な彫刻と建築 行天宮の建物は伝統的な中国の建築様式を反映しており、特に彫刻や装飾には豊かな歴史的な要素が見受けられます。訪れる際には、その美しさと芸術性に注目すると良いでしょう。

行天宮へのアクセス

行天宮へのアクセスは非常に便利です。台北市内からは、公共交通機関を利用することができます。最寄りの駅は台北捷運の中山駅で、そこから徒歩で行天宮にアクセスすることができます。また、タクシーを利用することもできます。

行天宮は台北市内で人気の観光スポットの一つであり、観光客だけでなく地元の信者たちも訪れる場所です。訪れる際には、歴史的な価値だけでなく、道教の信仰や文化に触れることができるでしょう。彫刻や建築の美しさ、神聖な雰囲気に包まれた行天宮は、台北を訪れる際に見逃せないスポットの一つといえるでしょう。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
台北
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ
タイトルとURLをコピーしました