【3/1更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【2024年最新】羽田空港 JAL国際線 新サクララウンジ(4階)をブログレビュー解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

JAL
スポンサーリンク

JMBサファイア・JGC会員以上とJALビジネスクラス搭乗者、ワンワールドエリートステイタスのサファイア会員が入ることができるJAL国際線サクララウンジ。空の旅の前のひと時を過ごす、上質な空間がそこにはあります。

「サクララウンジ」というのは国内線・国際線共にあり、日本国内の移動時に利用したことがある方もいるかもしれません(国内線サクララウンジの利用のハードルは低めです)。国際線のサクララウンジは、豪華な食事と豊富なお酒、充実したラウンジ空間をはじめ、マッサージルームやシャワー室、仮眠室まで幅広いサービスを提供しています。

この記事では2023年3月26日に新しくオープンした羽田空港JAL国際線サクララウンジ(4階)の各エリア、食事、お酒と各種サービスを豊富な写真で徹底解説します。訪問前にぜひイメージをできるように準備してみてください!😃

羽田空港 JAL国際線ファーストクラスラウンジについては、概要をまとめたこちらの記事をどうぞ!

スポンサーリンク

羽田空港 JAL国際線サクララウンジ(4階)基本情報

場所羽田空港 JAL国際線サクララウンジ(4階)
営業時間6:00~最終便出発まで
利用対象者JALファーストクラス利用者 
JALビジネスクラス利用者
JALプレミアムエコノミー利用者(当日アップグレードを除く)
JALエコノミークラス利用者(Flex Y運賃のみ、韓国、グアム行きを除く)
JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ(JGC)会員
ワンワールドステイタス サファイア以上
*同行者については会員ステータスでの利用時は1人までOK、2人目以降はクーポン利用で可能となっています。
有料でのラウンジ利用券販売(税込4,950円)
アクセス羽田空港 3階保安検査及び出国審査を通過し左手へ、114番搭乗ゲート付近から4階ラウンジへ
JAL公式サイトより引用

羽田空港国際線ターミナルには2つのサクララウンジがあります。

羽田空港国際線2つのサクララウンジ
国際線サクララウンジ 4階 (この記事で紹介)
国際線サクララウンジ スカイビュー 5階

JAL国際線サクララウンジで体験できる代表的な項目
・無料の食事提供(ラーメン、パスタ、JAL特製カレーなど多岐にわたる食事)
・無料のアルコール提供(ビールやシャンパン、ワインなど、もちろん飲み放題)
・専用Wi-Fi(無料)
・電源(USBタイプもあり、無料)
・ラウンジ利用者専用の喫煙所、トイレの利用
・シャワールーム
・仮眠室
・マッサージチェア
・上質な空間で過ごす待ち時間

羽田空港 JAL国際線 新サクララウンジ入口

保安検査及び出国審査を通過し左手へ進むと、以下のような表示が114番搭乗ゲート付近に見えてきます。
*ここよりも手前の112番搭乗ゲート付近にも航空会社ラウンジと書かれた看板がありますが、こちらはファーストクラスラウンジのみになります。サクララウンジは以下の114番搭乗口付近になります。

エスカレーターで4階の新サクララウンジへと向かうと、すぐにサクララウンジの看板がお出迎えしてくれます。

「JAL」と大きく表示されたロゴ。思わずテンションが上がってしまいます。

まず受付で搭乗券とパスポートを提示し、受付を済ませます。同行者がいる場合は+1名まで入れますので、必ずスタッフに伝えるようにしましょう。

ラウンジマップ

ラウンジ全体像は以下のようになっています。4階にある新サクララウンジはレセプションを中心に左右に入口がありますが、通常は向かって左側へと案内されます。

4階は画像中央のレセプションを挟んで、左側にラウンジエリア、左右と中央奥側にはダイニングエリアがあります。また、フード提供エリアは左右それぞれあり、飲み物についてはラウンジエリア奥にもあります。

JAL国際線 新サクララウンジ設備

ラウンジ入り口

レセプションの横には和を感じられる作品が飾られています。ここを抜けるとラウンジへ入ります。

ラウンジエリア

まずはラウンジエリアからご紹介しますね。この場所自体がラウンジなんですが、JALラウンジの中で「ラウンジエリア」と呼ばれる箇所は、食事エリアから離れていて比較的静かに仕事や読書などを楽しむことができるエリアと解釈しています。かといって食事をしてはいけないわけではないですよ!

窓側にはカウンタータイプもあるので、飛行機を見ながらゆっくりするのもアリですね。

少しプライベート感が増す以下のような座席が用意されているエリアもあります。真ん中にオットマンがあるので、足を伸ばしながらくつろぐのもOK。

ザ・ダイニング(座席)

続いてはザ・ダイニング。こちらはキッチンを兼ね備えた食事エリアで、食事の用意をするキッチンのほか、ドリンク提供エリアや食事可能な座席を備えています。現在はスマホアプリから食事を注文する方式と以前のようにキッチン前に並んで注文をする方式の両方が可能です。

ザ・ダイニングはマップでもわかるようにラウンジの左右と中央奥(窓側)に広く作られているので、かなりの座席数があります。

カウンター型の座席でパソコンを広げながら食事をしてもいいですし、テーブルセットで複数人で食事を楽しんでもOKです。

ソファータイプもいくつかあります。

ザ・ダイニング(食事)

ザ・ダイニングの中では2か所で食事を提供しています。キッチンがありメイン料理は注文制になっている他、パンやデザート類はセルフサービスで取れるようにもなっています。

ラウンジ側のキッチン

パンやスープは各自で取り分けます。

さらに奥にある飲み物提供エリアの片隅にもパンやデザートはありますよ。

メニューは時間帯によって変わります。

反対側(マップ右側)にもキッチンはあります。

メイン料理の注文方法ですが、大きく分けて2つあります。

料理注文方法
– テーブル上のQRコードを読み込み、当時の搭乗券バーコードをスキャン後にメニューから選択
– キッチンへ並ぶ

前者の方が圧倒的に楽なのでおすすめ。キッチンへ直接並ぶ場合、前者の注文組にどんどん抜かされる印象でした。

メニューは以下のようなものがあります(時間帯によって変わる)。

ザ・ダイニングで注文できる食事
和定食
牛丼
JALカレー(普通、ミニ)
サラダプレート
フィッシュ&チップス(夜のみ)
ティラミス
など

利用する度にメインを変えて楽しんでいますが、どれも豪華な内容で楽しめますよ。

JALラウンジの代名詞でもあるJALカレーは毎回いただきます。

夜の時間帯に出てくるフィッシュ&チップス。お酒のおつまみに最高です。

JAL’s Table (飲み物エリア)

飲み物エリアは横に幅広く場所を構えています。手前のビールサーバーをはじめ、コーヒー、日本茶、赤白ワイン、シャンパン、日本酒、焼酎、一番奥にはソフトドリンクサーバーあります。

ビールはアサヒスーパードライと麒麟一番搾りの2銘柄。日本酒は山の井60と峰乃白梅、スパークリングにはクネカヴァブリュットメトード、白ワインと赤ワインは2種ずつ用意。

焼酎や梅酒、ウイスキー、リキュール類も充実しています。

コーヒーや紅茶、ソフトドリンクはこちらからどうぞ!チョコチップクッキーなどちょっとしたお菓子もこちらです。

もう片方のキッチン付近にもドリンクコーナーがあります。

マッサージチェア

新サクララウンジには複数台のマッサージチェアがあります。順番を守って空いている際はどんどん活用しましょう。奥まったところに位置しているので気付きにくいかもしれません。

電話ブース

一度ラウンジに入ってしまうと、緊急時などの電話をする場所がないことに気づきます。そんな時に重宝できるのがこの電話ブースです。出張時の電話などにも便利ですね。

コピー機

4階の新サクララウンジ内では見つけることができませんでした。5階のサクララウンジにはあるので、必要な場合はそちらに行ってもOKです。

手荷物クローク

手荷物クロークはレセプション通過後すぐに位置しています。

更衣室

フライト前にパジャマに着替えたい!なんて言う時に情報できるお部屋。トイレの個室で着替えてもいいのですが、下に物を置けなかったりと何かと不便ですよね。こちらの更衣室は予約不要で空いていれば使えるタイプ。ラウンジ付近のお手洗い入口あたりに位置しています。

トイレ

一般利用者と同じ空港内のトイレも十分綺麗ですが、ラウンジ内のトイレはまた綺麗に清掃されています。ラウンジの左右それぞれにトイレがあります。

喫煙所

新サクララウンジは、専用の喫煙所があります。レセプションから向かって左手に進んだラウンジエリア入口付近にあります。非常に大きくスペースが取られているので、ゆったりとタバコを楽しむことができます。

シャワー

旅の前にシャワーを浴びることができるのは、ラウンジ利用者の特権ですね。現在はラウンジ内で利用できるJALラウンジ専用アプリから予約をすることで順番待ちをすることができます。

シャワールームはラウンジの左右2箇所に分かれており、合計10室程度あります。アプリで呼び出しが来たらラウンジ受付に行き、シャワールームの鍵をもらいます。

シャワールームへと向かいます。

シャワールームの中は、洗面台、シャワー室、トイレが1つになった空間です。

洗面台は広々としているので、着替えを置いたり何かと便利です。ドライヤーももちろん完備しています。

トイレは洗面台とシャワー室の間。

シャワーですが、立ちながら浴びる外国スタイル。シャンプーやリンス、ボディソープは一通りあります。

タオルもあるので、基本的には手ぶら利用でOKです。

歯ブラシもあるので、フライトの前に綺麗にしていくことができます。