【搭乗記】最新JAL A350 国内線ファーストクラスに2人並びで搭乗(羽田-那覇、座席2A 2C)

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

JAL
スポンサーリンク

JAL国内線で運航される最新機材A350(エアバス350)のファーストクラス座席。高級感あふれる座席と上質な食事・お酒を今回は2人で堪能。羽田-那覇間の2時間45分を楽しんできました。

スポンサーリンク

JAL国内線 A350 ファーストクラスとは

JAL国内線で定期運航している機材の中でも最も新しいA350-900。普通席、クラスJ、ファーストクラスの3クラスで構成されており、中でもファーストクラスはたったの12席しかない特別な座席。ファーストクラスは搭乗前から搭乗後まで様々な特別感あるサービスを受けることができます。

ファーストクラス利用で受けられる主なサービスは以下です。
ファーストクラス専用カウンターでのチェックイン及び手荷物検査
JALダイヤモンドプレミアラウンジの利用(食事やアルコールが無料)
・優先搭乗として一番最初の搭乗グループで飛行機へ
・機内食の提供、アルコールが飲み放題
・荷物の優先受取り

ファーストクラス座席

JAL A350(過去に搭乗した際のもの)

A350は入口が2つあり、ファーストクラス利用者は前方の入口から搭乗します。搭乗からワクワクさせてくれるなんでさすがJALですね(単に機材に依存しているだけですが)。

搭乗すると、鶴丸のロゴとJALのブランドカラーがお出迎え。

今回購入したのは後方2Aと2Cの座席。A350のファーストクラスは2列しかないのですが、2列目は1列目と比較するとより個室感があり、私はチャンスがあれば後方を選択するようにしています。1列目は目の前が壁になっており、どこかそっけない感じがするんですよね。

JAL公式サイトより引用

今回は婚約のための沖縄旅行だったため、どうしても横並びの座席を購入したく、4-5ヶ月前にはこの座席を購入していました。復路もFにしたので結構な出費になってしまったのですが、JALダイヤモンド会員の特典で貰えるeJALポイント60,000ポイントなどを駆使して、なるべく財布に影響しないようにと。

座席間にはパーティションがあり、隣の席の方が視界に入りにくく設計されています。このパーティションは収納することができるので、今回のように2人で搭乗するときは良いですね。B777、B767のファーストクラスはこれが収納できませんでしたので(2人で乗ることなんてなかったけど)。

高級感ある革張りの座席と併せて腰に置くクッションも利用できます。

席に着くとファーストクラスで提供される食事と飲み物が記載されたメニューが座席間のスペースに置かれています。コロナ禍のフライトでは、併せて除菌シートも配布されました。

全ての方の搭乗を待っている時からファーストクラスの体験は既に始まっています。ファーストクラスを担当する客室乗務員が順番に挨拶に来られます。名前を呼んでいただけるのもファーストクラスならでは。偉そうにせず、ちょっと申し訳なさそうにするぐらいがちょうど良いと思います笑 また、新聞が必要かもこのタイミングで確認されますので、必要な場合は申し出ましょう。

ファーストクラス利用者にはおしぼりのサービスがあります。ちょっと手を拭く際に重宝しました。併せて、本日の料理の説明と1杯目の飲み物の注文を確認されました。これは離陸後のスムーズな提供につながっていきます。

私は普段このタイミングでペットボトルのお水を先にいただきたいと伝えております。機内は乾燥するのでどうしても水分が欲しくなります。離陸前からサービスしていただけますので、是非試してみてください。

ファーストクラスにはスリッパのサービスもあります(収納ポケットに置かれています)。

JAL機内でいただく使い捨てスリッパ。金色のテープが未開封の証(過去搭乗時の写真より)

リクライニングやレッグレストの移動は全自動で、細かい角度の調整ができるのは良いですね。さらに、マッサージの機能があるので色々と試してみても良いですね。

座席横には「FIRST CLASS」の文字が。

テーブルは座席の間の台が蓋になっており、そこから取り出します。さすがファーストクラスだけあってテーブルは大きく、食事とお酒を楽しむのには十分なスペースでした。テーブルは食事の時間になると客室乗務員の方が取り出してくれます。

座席の細かいレビューについてはこちらの搭乗記もご覧ください。

食事とお酒

ファーストクラスの最大の楽しみはやはり食事とお酒でしょう。国内線では普通席にもクラスJにもない、ファーストクラス唯一のサービスです。機内食の内容は事前にJAL公式サイトでも確認することができますが、当日はメニュー表として各席に配布されます。

この日の食事(羽田-那覇間の午前便)は和食で、以下の内容でした。

機内食メニュー

小鉢:山陰の芋煮(鯛、海老芋、紅葉人参、春菊、柚子)
   いちじく 南瓜の胡麻クリーム
台の物:鯖塩焼き(サバヌーヴォー使用)(袱紗焼き、奥出雲山椒ちりめん海苔、酢取り蓮根、柚子おろし)
御飯・汁物:俵ご飯 北海道の高級ブランド米「ふっくりんこ」、味噌汁
香の物:茄子山葵漬け
フレッシュフルーツ

こんなに豪華な機内食、国際線でもなかなか経験できませんよね。お皿に食器類を使用しているのも気分を上げてくれます。

俵ご飯とお魚は包みを開けていただきます。絶対に美味しい、、、

この日のお酒やソフトドリンクのメニューは以下でした。

ファーストクラスで提供されるお酒の目玉はなんと言ってもプレミア焼酎「森伊蔵」ですね。市場で流通している森以蔵はものすごく高い値段設定となっていますが、ファーストクラス利用者は飲み放題です(飲み過ぎ注意です)。チェイサーと一緒にいただきました。

那覇線は2時間45分と国内線では長距離路線です。お食事の後に小腹がすいた場合にはカップ麺を注文することができます。

軽食

JALオリジナル麺 らーめんですかい、うどんですかい

小さめのサイズのカップ麺がちょうど良いんです。この日はらーめんですかいを森伊蔵と一緒にいただきました。

その後は白ワイン「カーサ・ピネイロ・ソーヴィニヨン・ブラン2020」と定番おつまみのドライなっとうとおかきを。

食後にはホットコーヒーをいただきました。この日はJAL CAFE LINESのアントニエラ マラゴジッペでした。

座席前方には大きなディスプレイがあります。映画を見たり飛行機の飛行映像を楽しんだり。国内線のB777-200にはディスプレイがなかったので、これだけでも最新機材に乗っている気分になります。なかでもA350は機体に取り付けられたカメラから実際の飛行の様子を見ることができます。窓から見える景色も良いんですが、飛行機越しの海や陸地もまた素敵です。

そうこうしているうちに鹿児島県の最南端、青い海の与論島が窓から見えてきました。その奥はもう沖縄県本島です。

国内線ファーストクラスは2時間45分あっても全然足りないですね。食事とお酒を楽しみながらのフライトは、あっという間の時間でした。そして、今回初めて2人横並びでの搭乗でしたが、会話をしているとそれこそあっという間です。

写真を撮ったり、なかなか落ち着かないかもしれませんが、それも良い思い出になる特別な空間と時間でした。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
JAL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ