【搭乗記】JAL B777-200 国内線ファーストクラスが最強すぎた!(羽田-那覇、座席2C)

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

JAL
スポンサーリンク

JAL国内線で運行されているボーイング777のファーストクラス座席。羽田-那覇間の2時間45分をこの最高の空間で旅してきたので、シェアしたいと思います。

スポンサーリンク

JAL国内線 B777-200 ファーストクラスとは

JAL国内線で定期運行している機材の中でも一番大きな機材であるボーイング777。普通席、クラスJ、ファーストクラスの3クラスで構成されており、中でもファーストクラスはたったの14席しかない特別な座席。ファーストクラスは搭乗前から搭乗後まで様々な特別感あるサービスを受けることができます。

ファーストクラス搭乗で受けられる主なサービスは以下です。
・ファーストクラス専用カウンターでのチェックイン及び手荷物検査
・JALダイヤモンドプレミアムラウンジの利用(食事やアルコールが無料)
・優先搭乗として一番最初の搭乗グループで飛行機へ
・機内食の提供、アルコールが飲み放題
・荷物の優先受取り

ファーストクラス座席

今回座ったのは後方2Cの座席。B777-200のファーストクラスは1-2列目が6席ずつ、3列目のみ中央2席で合計14席ありますが、2Cの座席は後方端からファーストクラス全体を見渡すことができる良い席です。

本日のフライトはこちらの通路側の座席です。椅子の重厚感が素晴らしいですね。隣との間には大きな仕切りがあるのである程度のプライベート空間は保たれています。

2C座席から見るファーストクラスの全体像。こうして見ると、国内線とは思えない豪華な座席空間であることがよくわかります。

着席した際に見える景色。椅子が大きめに設計されているので、後ろから見る前座席の背もたれも立派なものに。足元空間も非常に大きく取られており、足を伸ばしても前の座席にぶつかることはありません。

座席横には埋め込みのボタンがあります。ラジオのチャンネルや音量調整、ライトと客室乗務員呼び出しボタンがあります。また、ファーストクラスで提供される料理とお酒が記載されたメニューも置かれていました。

B777-200は電源供給がないため、ファーストクラス専用のモバイルバッテリーがシートポケットに収納されています。手持ちのUSBケーブルでスマホの充電は可能です。

国内線ファーストクラスではスリッパの提供があります。国際線プレミアムエコノミーやビジネスクラスのようにスリッパを履いて快適に機内の時間を過ごすことができます。

お食事

この日の羽田-那覇線は洋食の提供でした。ファーストクラスの食事は毎月10日単位で内容が変わっていきます。事前にJALホームページで確認ができますので、どんな食事が提供されるかチェックしておきましょう。

食事の後は、フェラーリのお酒をいただきました。空の上でボトルから注がれるお酒はまた格別なんです。JAL名物のあられとドライ納豆と共にお酒を愉しみました。

着陸前には日本茶をいただきました。JALのファーストクラスロゴ入りカップで、最後までテンションが上がりっぱなしでした。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
JALフライト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ