【2024年最新】アラスカ航空マイルとは?貯める方法を徹底解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

フライト
スポンサーリンク

飛行機に安く乗る方法として航空会社マイルを使う方法があります。このページをご覧になっているということは、マイルに関するいろいろな情報を検索しているのではないでしょうか。

例えば、アラスカマイルで航空券を発券すれば、2024年3月現在成田-台湾路線の往復ビジネスクラス(スターラックス航空)30,000マイル(燃油サーチャージ0円、諸税などのみ)という破格の値段での購入が実現します。JALやキャセイパシフィックなど様々な航空会社の特典航空券を取ることができるのです。

ここではそんなお得なマイル数でかつ燃油サーチャージ0円で飛行機に乗れることで有名なアラスカ航空マイルについて徹底解説します。

この記事でわかること
– アラスカ航空マイルとは何か
– アラスカ航空マイルでお得に飛行機に乗れるって本当?
– アラスカ航空マイルの貯め方

スポンサーリンク

アラスカ航空マイルとは何か

アラスカ航空マイルとは、アメリカを本拠地とするアラスカ航空が発行する航空会社マイルのこと。日本に住んでいてアラスカ航空という航空会社を知っている人の方が少ないと思いますが、アラスカ航空はアメリカ国内やカナダ、メキシコなど北米各地を結んでいる有名な会社です。

日本に就航していないですからね、、、知らない方が普通ですね。

そして、JALなどと同じワンワールドアライアンスに加盟していることでも知られています(2021年に正式加盟)。

となると急に親近感が!

アライアンスって何?
世界の多くの航空会社はアライアンス(連盟)という組織に参画し、加盟会社同士での連携が取れるような仕組みを作っています。例えば日本在住の人は日本航空や全日空を日常的に利用する方が多いと思いますが、日本の航空会社が就航していない他の地域を旅行する際に日本航空や全日空の会員がスムーズに手続きができたり、上級会員サービスを受けられたりと、アライアンスを組むことで相互連携ができるようになっているのです。

日本航空JAL:ワンワールドアライアンスに加盟
全日空ANA:スターアライアンスに加盟

そんなアラスカ航空が発行する航空会社マイル(アラスカ航空マイル)を使って特典航空券を発券すると、いろいろとお得なんです。アメリカに行かないとアラスカ航空マイルって使えないんじゃないの?と思うかもしれませんが、日本からアジア各地やヨーロッパ方面へ向かう際にも利用可能なんです。どんな風にお得なのか、見ていきましょう。

アラスカ航空マイルでお得に飛行機に乗れる?

アラスカ航空マイルを貯めることで、世界各地への特典航空券をお得に発券することができます。アラスカ航空に搭乗する必要はありません。方面によって、同じワンワールドアライアンスのJALやキャセイパシフィック、マレーシア航空、アライアンスの枠を超えた独自提携によるスターラックス航空やシンガポール航空など、さまざまな航空会社を利用することができます

特典航空券とは、各航空会社マイルを使って発券できる航空券のこと。

アラスカ航空マイルで各社の特典航空券を予約するとどんなふうにお得なのか、さっそく見ていきましょう。

①少ないマイル数で特典航空券を発券できる

マイラーにとって、少ないマイル数で特典航空券を発券できるのは嬉しいですよね。しかも、結構直前でもマイル数が少ないことが多いです(他社は日程が近いと必要マイル数が一気に跳ね上がるのですが)。

例えば、成田 – 台北(桃園または台北松山)間の特典航空券をJALマイル・アラスカ航空マイルのそれぞれで見てみます。

JAL特典航空券の場合、最安値は片道10,000マイルになります(エコノミーの場合)。

ビジネスクラスの場合の最安値は、片道24,000マイルです。

一方でアラスカ航空マイルで特典航空券を検索すると、台湾のフルキャリアであるスターラックス航空が出てきます。片道のエコノミー最安値は7,500マイル、ビジネスクラスでも15,000マイルとなります。

同じ区間でも(航空会社は違えど)エコノミーでは2,500マイル、ビジネスでは9,000マイルも少なく済ませることができます。

ただ、方面や予約するタイミングによっては他の航空会社マイルで予約した方が必要マイル数が少ない場合もあります。例えば上記と同じ日程でもJAL便を予約しようとすると、アラスカ航空マイルでは17,500マイルとなり、スターラックス航空よりも10,000マイルも多いですし、JALサイト直で10,000JALマイルで予約した方が必要マイル数は少ないですよね。この辺りは、常に比較をして良い条件を選べるようにしておいた方がいいです。

そして、この必要マイル数の差を評価する際にもう1つ見ておきたいのが追加費用の存在です。

②燃油サーチャージが0円で追加料金が少ない

アラスカ航空マイルは特定の航空会社の特典航空券を発券する場合を除き、原則燃油サーチャージが0円(税金など諸費用のみ)なんです。上記の例で、JALマイルでエコノミークラスを予約すると、追加料金は12,460円でしたが、アラスカ航空マイルでスターラックス航空やJAL便を予約する場合は39米ドル(1ドル140円換算で5,460円)で済みます。

マイル数と追加費用をどう見るか

上記1つ目の例でエコノミークラス片道の場合、アラスカ航空マイルで予約した方が2,500マイルと7,000円お得になります。スターラックス航空は立派なフルキャリア(日本でいうJALとかANAみたいな会社)ですから、航空会社にこだわらなければアラスカ航空マイル1択でしょう。

使用マイル予約便必要マイル数追加費用
JALマイルJAL10,000マイル12,460円
アラスカ航空マイルスターラックス7,500マイル5460円
差 2,500マイル差 7,000円

上記2つ目の例でエコノミークラス片道の場合(JAL便への搭乗にこだわりたい場合)、アラスカ航空マイルでは7,500マイル多く払うことになりますが、現金持ち出しは7,000円安く済みます。マイルが沢山あって現金をなるべく使いたくない方には検討可能な選択肢です。

使用マイル予約便必要マイル数追加費用
JALマイルJAL10,000マイル12,460円
アラスカ航空マイルJAL17,500マイル5,460円
差 -7,500マイル差 7,000円

私だったら、現金7,000円のために7,500マイル多く払うのは勿体無いと思ってしまうので、上記ならJALマイルの使用を選択しますが、以下のような例だともう少し検討の余地はあるのではないでしょうか。

例)羽田-ニューヨーク間のJAL便エコノミー片道をJALマイルで予約すると25,000マイル+43,150円かかります。

同じ便をアラスカ航空マイルで予約すると45,000マイル+59米ドル(1ドル140円換算で8,260円)です。

20,000マイル多く払いますが、34,890円の節約になりますね。1マイルが1.74円の価値見合いです。

使用マイル予約便必要マイル数追加費用
JALマイルJAL25,000マイル43,150円
アラスカ航空マイルJAL45,000マイル8,260円
差 20,000マイル差 34,890円

こういった比較でどちらを選択するかは1マイルの価値をどの程度で見ているかによりますし、その時点での現金予算の状況にもよると思います。

アラスカ航空マイルの貯め方

さて、ここまででアラスカ航空マイルで特典航空券を発券した方がお得な場合があるということがわかったと思います。では、肝心のアラスカ航空マイルをどうやって貯めるのかについて見ていきましょう。

① フライトでアラスカ航空マイルを直接貯める

航空会社マイルの貯め方の最も一般的な方法は「飛行機に乗って貯める」です。アラスカ航空に搭乗すれば当然アラスカ航空マイルを獲得することが可能です。日本在住でアラスカ航空になかなか搭乗する機会がない方も、例えばJAL便に搭乗すれば、ワンワールドアライアンスとして提携しているアラスカ航空マイルとして蓄積することができます

② マリオットポイントを貯める

①の「飛行機に乗って貯める」とは対照的な飛行機に乗らずしてマイルを貯める方法として、クレジットカードのポイントを貯めるという方法があります。日々の生活費の支払いをクレジットカードに集約して、その支払いに対して貯まるポイントからアラスカ航空マイルを獲得することが可能です。

JALやANAには日本在住者が持つことができるJALカードやANAカードがあり、これらを使ってJALマイルやANAマイルを獲得することができます。アラスカ航空もクレジットカードを発行していてアラスカ航空マイルが貯まるのですが、日本での発行ができないのです。。

ではどうするかと言うと、世界的に有名なマリオット(Marriott)の会員プログラム「マリオットボンボイ(Marriott Bonvoy)」が発行するクレジットカードを利用し、マリオットポイントを獲得、それをアラスカ航空マイルに移行します。

マリオットポイントとアラスカ航空マイルの変換率
*100円の支払いで3マリオットポイント獲得
-3,000マリオットポイント=1,000アラスカ航空マイル(1日あたり3,000~240,000マリオットポイントの移行が可能)
-60,000マリオットポイント=20,000アラスカ航空マイル + ボーナス5,000アラスカ航空マイル
*60,000マリオットポイントの移行ごとに5,000アラスカ航空マイルがボーナスで加算される

100円で3マリオットポイント貯まるのでちょっとややこしいのですが、最低移行単位の3,000マリオットポイントでは、3:1でアラスカ航空マイルを獲得できます。

もし1度に60,000マリオットポイントを移行すればボーナスと合わせて25,000アラスカ航空マイルを獲得。3:1.25でアラスカ航空マイルを獲得できます。

通常:100円=3マリオットポイント=1アラスカ航空マイル
マイル還元率1%
ボーナス利用:100円=3マリオットポイント=1.25アラスカ航空マイル
マイル還元率1.25%

他の航空会社マイルを貯めるクレジットカードでも良くてマイル還元率1%のところ、マリオットポイントはマイル還元率1.25%なのです。

そんなマイル還元率1.25%で効率的にアラスカ航空マイルを貯められるのは、マイル界では超有名な「マリオットアメリカンエキスプレスカード」と「マリオットアメリカンエキスプレスプレミアムカード」。生活費の支払いを集約して、毎日の支出をマリオットポイント=>アラスカ航空マイルに移行しましょう。マリオットアメリカンエキスカードの入会は、紹介制度の利用で入会特典のポイントが多くなるので、ご検討の際は以下から紹介制度の利用をお勧めします😃

マリオットポイントからアラスカ航空マイルへ変換する手順はこちら

③ アラスカ航空マイルのセールに参加する

いわゆるバイマイル(Buy Mile)と言われるもので、アラスカ航空が定期的にオファーしてくれるお得にマイルを購入できる仕組みです。JAL/ANAはマイルを購入する仕組みがないので馴染みがないかもしれませんが、海外の航空会社では普通にあることです。

アラスカ航空から来るオファーメールの例

アラスカ航空のバイマイルにはお得なプロモーションが頻繁に行われます。過去には最大60%分のボーナスマイルがもらえることがありましたが、直近では40 – 50%が最大で、個々によってオファーが異なることもあります。

アラスカマイルは、通常は1,000マイルをUSD27.50で購入することができます。例えば冒頭の例にあるスターラックス航空で台湾往復の航空券を購入をする場合を考えてみます。

スターラックス航空にアラスカ航空マイルを利用して乗る場合は15,000マイル+USD39必要でした(上記の例)。

スターラックス航空券
購入方法
費用USD換算日本円換算
*1ドル150円とする
アラスカマイル利用時
(バイマイル)
15,000マイル + USD39
*USD39は諸経費
USD412.50 + USD39
*1,000マイル(USD27.50)x15
67,725円
スターラックス直購入54,400円(最安値)54,400円

上記の場合、スターラックス航空公式サイトで直接購入した方が安いことになります。これがバイマイルの50%増プロモーション時に購入すると、以下になります。

スターラックス航空券
購入方法
費用USD換算日本円換算
*1ドル150円とする
アラスカマイル利用時
(バイマイル)
15,000マイル + USD39
*USD39は諸経費
=>10,000マイルの購入だけでOK(50%増で15,000マイルになる)
USD275 + USD39
*1,000マイル(USD27.50)x10
47,100円

プロモ利用時にはバイマイルの方がお得にスターラックス航空で台湾を往復できることになります。

アラスカ航空マイル購入サイトはこちら(会員ログインが必要です)。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
フライト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ