【3/1更新】1人1泊最大20,000円割引の北陸応援割・旅行支援クーポン情報まとめ(ふっこう割・能登地震支援)

【2024年最新】高雄にある旧海軍鳳山無線電信所とは?行き方・アクセスをブログ口コミ解説

スポンサーリンク

※当サイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!今回は、台湾の風光明媚な高雄市にある旧海軍鳳山無線電信所について、最新の情報とおすすめポイントをご紹介します。旅行前に知っておきたい情報や、訪れる際の行き方・アクセス方法についても解説します。

スポンサーリンク

旧海軍鳳山無線電信所とは

旧海軍鳳山無線電信所は、台湾高雄市鳳山区に位置する歴史的な建造物であり、かつては日本統治時代に日本海軍の通信拠点として機能していました。1923年に建設され、太平洋戦争中には日本軍の通信ネットワークの一部として要所とされました。

施設内には当時の通信機器やアンテナ、無線塔などが保存され、訪れる人々には当時の通信技術の発展を伝える歴史的な雰囲気が感じられます。また、建物自体も和洋折衷のデザインで、当時の建築様式を見ることができます。

戦後は台湾の国有財産となり、近年では文化資産として保存・公開されています。観光客は施設内を歩きながら、歴史的な展示物や解説を通じて、日本海軍の通信活動や時代背景に触れることができます。周辺には美しい庭園も広がり、訪れる人々に静かな散策を楽しむ機会も提供されています。

旧海軍鳳山無線電信所への行き方・アクセス

旧海軍鳳山無線電信所は大東駅から徒歩で約10分ほどです。

この記事を書いた人

飛行機や鉄道を使って日本・世界中を旅する30代会社員。ラグジュアリーホテルや飛行機のレビュー、主に台湾方面のまとめ記事を書いています。お問い合わせは日本語・英語・中国語でお気軽にどうぞ!

最近Twitterをはじめました😃フォローしてくれると嬉しいです👜ご質問もTwitterの方が返信率高めです✏️

ふかPをフォローする
高雄
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふかPをフォローする
スポンサーリンク
Go さんぽ
タイトルとURLをコピーしました